出産や育児でのブランクがある医師の転職

ブランクがあっても自信を持って職探しを

 育児休暇制度を利用せず退職した場合、数ヶ月から数年間のブランクを抱えてしまいます。事前にわかっていても転職にマイナス要素となるのでは?と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。もちろん、医師としてのキャリアを考えれば、空白期間がないに越したことはありません。しかし出産・育児という明確な理由があるため、それほどのマイナス要因として受け止められないことも多いのです。
 
 産後の仕事探しをする上で、雇用者側が重視するのは職歴のブランクよりも、就業した後の働き方に関する部分です。たとえば子どもの体調不良時に自分に代わって面倒をみてくれる人がいるかどうか、就業時間についての配慮が必要かといった面で、場合によっては不利となることも考えられます。しかしこれらは、家族の協力がしっかり得られる環境が整っていることや、シッターの雇用などで対応できることを明示できればカバーできるポイントです。
 
 産前産後だけでなく、数年単位のブランクがある場合でも、医師としての知識や経験がなくなるわけではありません。人生の新たなステージに向けて、自信をもって転職にのぞみましょう。

専門にこだわらないことでより働きやすく

 ドクターは専門が細かく分かれているため、専門ごとの求人数に偏りがあります。特に地方では偏りが大きくなりがちです。退職前に特定の専門分野で働いていた方であっても、同じ専門の転職先がなかなか見つからない可能性もあるでしょう。
 
 また、勤務時間や日数といった条件面で折り合わず、希望にかなう求人と巡り会えないという事態も考えられます。仕事をしたいと思ってはいても、決まらないまま日々を過ごすことにもなりかねません。
 
 そこで、仕事へのモチベーションを下げてしまわないためにも、敢えて専門にこだわらない職探しをしてみるのはいかがでしょうか。条件の幅を広げることでたくさんの求人が目に入るようになり、無理なく働ける職場との出会いにつながるかもしれません。

短時間勤務や単発の仕事も視野に入れて

 はじめての出産・子育て後に就く仕事の場合は、子ども関係の行事などについても未経験なことが多く、実際に働きはじめてからの状況が不透明になりがちです。不安に思いつつ常勤や正規雇用の仕事を求めるよりも、まずはパートタイムやアルバイト勤務から現場復帰をし、家庭と仕事の両立に慣れてゆく方法がおすすめです。
 
 また、女性医師に特化した職業紹介サービスもあり、出産ブランクや就業してからの悩み相談にも対応しています。医師それぞれの事情に合わせたコーディネートが行われるため、希望に合った働き方ができる職場の紹介や、転職先で一定の配慮を受けられる点が魅力です。一般的な医師転職サービスに加えて、こうした女性医師に対して専門のサポートサービスのある機関を利用してみてはいかがでしょうか。
 出産や子育てのための退職は、女性にとって医師としての大きな分岐点であり、現場復帰の時期や方向性次第で、その後の人生が大きく左右されることもあります。納得できる仕事に就き、再びキャリアを積み重ねていくためには、ある程度の計画性も必要とされてきます。退職前から、あるいは子育て期間中から計画を考えて行動しておけば、より早く希望の転職先がみつけられることでしょう。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!