医師がキャリアアップできる転職とできない転職

転職でスキルの高い医師の下で働く

 医師としてのキャリアアップを図るために、スキルが高くて有名な医師や評判のある医師の下で働くという方法があります。一緒に働くことによって、さまざまなスキルを習得できたり、患者さんに対する接し方を学んだりすることが期待できます。
 
 ただ、評判の良い医師の下で働けることになっても、自分の目指すスキルとは異なる専門であったりすると、本来の目的が果たせません。医師の評判だけではなく、専門が自分のスキルと合致しているか、これから会得したいと思う技術と合っているのかを重視しましょう。

資格取得のために転職する

 医師の中には、資格取得のために転職を選択される方もいらっしゃいます。資格取得のために転職するのであれば、転職先で目的のキャリアをつめるかどうかの下調べが大切です。
 
 取得したい資格の中には、経験が積める医療機関が限られてくる場合があります。本当に資格取得のために転職する必要があるのか、転職先では資格取得の実績があるのかがカギになってきます。希望する転職先などについて充分な情報が得られる環境が必要です。

開業のための転職

 開業医を目指す前段階で、開業のためのスキルを得ようと転職を考える方もいます。その場合には、自分が実際に開業しようと考えている規模に近い病院を選ぶことがより求めるスキルアップに近づくでしょう。もしくは小さな規模の病院で働くことで、マネジメントや保険請求など病院経営に関する業務に携われる機会が増える場合もあります。特に患者から評判の良い小規模の病院などに転職すると、開業の参考になるでしょう。
 
 逆に大規模な病院での勤務は、開業を目標にするのであれば病院業務の全体像が見えづらい点において、あまり向いていないといえます。

医薬品などの知識を広める転職

 病院だけでなく、製薬会社などへの転職も考えられます。製薬会社での医師の主な業務は、新薬の開発研究や治験データの解析などです。新薬の開発に携わることで、間接的に患者の命を救う仕事ができます。病院での業務以外の道を考える方にとっては有力な選択肢のひとつです。
 
 製薬業界で経験を積み、キャリアアップを目指すこともできます。研究が好きな方にも向いている転職先といえます。
 医師が活躍できるフィールドはさまざまです。人によってはキャリアアップに繋がっても、また違う人にはキャリアップに繋がらないといったもこともあります。転職をキャリアアップに繋げるためには、自分が将来的にどのように医師としてのプランを歩んで生きたいのか、しっかりした信念を持つことが大切です。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!