勤務形態で選ぶか給与で選ぶ看護師を続けるなら

介護施設で働く看護師

 転職を考えるにあたって、職場環境が変わる不安と同じくらい給与の不安も大きくのしかかってきます。職場環境が良くても現状の給与よりも減少してしまう場合や、給与が良くても職場環境が悪いと考えてしまうのは無理もありません。
 
 病院勤務の場合、日勤と夜勤を繰り返し、さらには残業に追われる毎日です。介護老人保健施設などの場合には、夜勤などはなく、残業も必要ないため、日勤勤務の環境となります。休日に関しては、シフト制によって決められるので病院とほとんど変わりありません。介護老人保健施設へ転職すれば、給与が良いのではないかと考える方が多いです。ところが、介護老人保健施設などでの給与は減少している傾向にあります。
 
 看護師にとって、夜勤や残業がないことはとても魅力的な職場です。介護老人保健施設などが人気のある理由は、勤務形態が良い点と言えます。自分の置かれている環境から、勤務形態で選ぶか給与で選ぶかを決断する必要があります。

家庭を持つ看護師や職場復帰を考える看護師なら

 病院で勤務する看護師の平均年収は、約430万前後であると言われています。それに対して、介護老人保健施設などで勤務する看護師の平均年収は、約350万前後となります。正規の職員として働けば、月収約25万程度にボーナスなどを加えると、平均年収と同額になります。非正規の職員や非常勤の場合、時給換算の給料となり、平均時給額は約1800円程度となっています。
 
 看護師としてのキャリアや勤続年数などによって、若しくは地域によっては多少の上下はあります。病院勤務と比べると、約100万円近い年収差が出ることになります。ですから、収入面で考えてしまうと、病院勤務の方が良いということになります。家庭があって、育児をしながら働く看護護師の場合、出来るだけ時間を作りたいのは当然です。多少の年収低下は仕方ないと思えるならば、介護老人保健施設などの看護師としての転職もいいかもしれません。また、働いていなかったブランクがある場合は、医療技術をそれほどに必要としない介護老人保健施設などの方が職場復帰するにはいいかもしれません。

これからますます求められる介護施設の看護師

 高齢社会となり、介護施設なども増えてきましたが、問題の一つに看護師の不足が挙げられます。看護師にとって、病院勤務は非常に激務を要するところで、肉体的にも精神的にも負担の大きな仕事であります。それに比べて、介護老人保健施設などは、肉体的にも精神的にも働きやすい職場であります。
 
 現在、看護師の転職先として選ぶことが多くなってきているのは、介護老人保健施設です。人気の高い介護老人保健施設での求人を探すのは、そんなに簡単なものではありません。最も簡単に転職先を探せるところは、ハローワークですが、近隣施設に限られ、情報もわずかです。
 
 一番転職情報が充実しているのは、看護師専門の求人サイトです。求人情報の全てが看護師を対象としていて、企業名、採用条件、施設ホームページURLなどの詳細を記載しているものも多くあります。
 何よりも嬉しいのが、看護師専門求人サイトには、コーディネーターがいて、転職に関してのアドバイスなどを受けることが出来ます。求人サイトは、無料で活用することができるので、転職に関してかかる費用も軽減でき、 そのためにスキルアップに必要なことに使えます。
 病院で看護師として勤務をしながら転職を考えている方、結婚や出産を機に退職した後復帰を考えている方、看護師の資格を持っていながら看護職に就いていない方など、看護師として働く職場を探している方々はたくさんいます。看護師専門求人サイトを活用して、納得のいく転職先を見つけることがやりがいのある仕事へとつながります。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!