4月は看護師の中途採用や新卒採用がされ、新しい環境で働く方が増える時期です。現場から離れていた方でも、新人と共に新しい職場で研修などを受けられるため、復帰しやすい環境が整っている時期でもあります。

看護師の活躍の場は医療機関や訪問看護ステーション、特別養護老人ホームなどさまざまです。

しかし、どの現場でも職場環境の合わなさや結婚、出産などの理由で1年未満に離職する新人看護師が1割強います。また、看護師の資格を持ちながら、その資格を活かしていない潜在看護師が多くいます。一方で、「看護師として職場に復職したいが、出産、育児で現場から遠ざかってしまって、現役復帰するのが不安」と考えている看護師が大勢いることが調査によって明らかになっているのです。

 好条件、人気の看護師求人案件に採用されるには

4月に転職を成功させるためには、その2、3ヶ月前から行動を開始するのが一般的です。離職から戻る看護師もいれば、働きながら転職活動を同時にしている看護師もいます。

また、4月のほか、7月や9月、1月勤務開始の求人もあります。特に1月は年末年始の多忙な時期であるため、応募数が少なくなります。競争率の低い際に転職したいのであれば、4月よりも1月が良いでしょう。
自分に合った転職支援会社や転職サイトを早めに見つけて、事前登録しておくことで、スムーズに転職活動が行えます。

 自分の働くスタイル、キャリアプランを考える

求人案件は多くても、自身の希望する業務内容、場所、就業条件、待遇などが整っている職場を探すのは至難の業です。また、将来のことを考えてどのようなスキルを磨いていくか、キャリアプランを考えることも必要です。

例え中堅でも、ベテラン看護師でも、新しい環境に慣れ、新たな人間関係を構築することは大変です。転職する際には、転職のメリットだけでなく転職にかかるコストやデメリットなども事前に検討しておきましょう。

 履歴書や面接はポジティブに!

転職を考える際は、「キャリアアップやスキルアップをしたい」というポジティブな動機だけでなく、「人間関係が大変だった」「職場環境が合わなかった」などネガティブなことが動機であることもあります。しかし、その様な場合でも、履歴書や面接などで答える転職理由は、可能な限りポジティブになうようにしましょう。

サポーターがついてくれる転職支援会社や転職サイトであれば、履歴書の書き方や転職理由の整理方法などを相談してみると良いでしょう。

 転職は多くの看護師にとって初体験のことです。悩んだ場合には、キャリアアドバイザーに職務経歴書や志望理由の書き方、面接対策などを相談してみましょう。医療機関、教育機関、地域の施設か、転職先をはじめ、「転職した後になりたい自分・やりたいこと」自分のビジョンを明確にして、転職しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!