これでバッチリ!看護師面接を乗り切るいろは

まず敵を知ることから

 転職先の病院を選ぶ時、何を基準に選んでいるでしょうか。給料、勤務体型、立地条件など様々ですが、病院がどんな看護師を求めているかを考えたことはありますか?病院は一年中募集をかけている訳ではありませんし、求めている人材も病院によって様々です。例えば、給料の良い有名市中病院に転職したいと考えていても、その病院が大学卒の看護師中心に雇用を考えていた場合、大卒でない人が面接を受けるのは労力の無駄になってしまいます。このように、自分にとって必要な条件ばかりを見て病院を決めてしまうとなかなか転職がうまくいかないケースが多いのです。
 
 転職先の病院のホームページや、病院紹介を読み込むことは必須で、できればその病院で働いている看護師さんから直接話を聞くことが一番分かりやすいでしょう。それぞれの病院が持つ暗黙のルールのようなものが存在していることも多いので、出来るだけ情報を集めるようにしましょう。

転職にオススメのタイミング

 転職を考えている人、特に人気の病院に転職を考えている人に必ず気を付けたいのは、いつ転職をするかということです。近年は看護師は売り手市場になっており、なんとなく一年間募集しているようなイメージがあるかもしれませんが、実際には採用に積極的な時期とそうでもない時期が存在します。オススメ時期は12月~1月です。2~3月の時期は、新卒の看護学生の面接が中心になっていることが多く、病院も忙しくしています。それを踏まえて少し前の12月頃だと、病院側にも余裕があり、しっかりと自分の要望と病院の考えを聞くことができるでしょう。また、まだ経験の浅い看護師さんの場合は12月に転職が決まると、4月から新卒と一緒に研修を受けることができるというメリットもあります。

自分のセールスポイントを考える

 面接をするときに最も大事なことが自身のセールスポイントです。病院側から考えてみましょう。たくさんの看護師を面接しなければいけない中で、この人を採用したいと思われる人はどのような人でしょうか。他の人とは違う、自分のウリを持っている人を病院側は採用したいはずです。つまり、他の看護師と差別化を図ることが重要です。その際に必要になってくるのがセールスポイントです。自分が今まで働いてきてどのようなことを学んだのか、他の看護師にはなく自分にしかないものは何か、などを考える必要があります。そしてその強みを生かせる病院はどのような病院なのかを考えてみましょう。きっと自分を必要とする病院があるはずです。
 以上のいろはを理解すると、今までの自分の病院選びが、いかに一方向的なものであったかがよく分かると思います。看護師などの医療職は今でも根強い人気を保っています。ますますライバルが増える看護師界の中で、優秀な新人に負けることなく、自分の望む病院で働ける人が少しでも増えることをお祈りしております。
  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    紹介実績No.1

    97%が満足

    年間10万人が利用

    提供会社 エス・エム・エス
    求人数 140,000~
    対応エリア 全国

    看護師転職の最大手、まず最初に登録

    ナース人材バンクは、東証一部上場企業の医療業界支援会社エス・エム・エス社が提供する看護師転職支援サービスです。年間10万人が利用し、その満足度は非常に高く、信頼のおける運営をしています。

おすすめ

  1. クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    看護師の仕事には、実は幅広い選択肢があります。病院かクリニック、訪問看…
  2. 看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた
    看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた
    患者さんやそのご家族、医師や師長、同僚と、看護師が毎日顔を合わせる人は…
  3. 年代ごとに重要なことも違う? 看護師が転職先を決めるためのポイント
    お金では解決しない環境が大切。転職前に師長の人柄を必ずチェックしよう!
    やっとの思いで転職したのに、いざ働いてみたらどうも合わない……。実際に…
  4. 転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    職場の人間関係や院内の労働環境、ルール、待遇……どの病院でも何かしらの…
  5. 看護師の転職には優先順位が大切!失敗しない転職のコツとは?
    転職サイトで定着率をチェックし、病院見学はマスト!転職活動のポイント
    病棟かオペ室か、診療科の選択に始まり、退職金や保育所などの待遇や福利厚…