看護師が働きながら転職するメリットとデメリット

働きながら転職活動をするメリット

 転職活動をしたいけど、職場を辞めて転職活動をするのは不安。それは至極当然のことで、仕事を辞めて求人活動をすれば給料が入らない上に、転職先が見つからないまま貯蓄が尽きれば路頭に迷ってしまうことになります。
 
 そこで、仕事をしながら転職活動をするという選択肢が生まれることになります。仕事をしながら転職活動をする最大のメリットは、やはり生活費や資金面での心配が無いということが上げられるでしょう。収入があるのであれば焦る必要はありませんし、腰を据えてじっくりと好条件の求人を探すことが出来ます。離職期間が無いので、雇用側も安心して看護師を雇うことが出来るのが魅力です。
 
 焦らなくて良いと言うのは特にメリットとして大きく、好条件の求人などは求人に上がったらすぐに無くなってしまうもの。待ちに待ってようやく見つけられるような案件なのです。退職してしまったら数ヶ月の間に見つけなくてはいけないので好条件の求人に出会う可能性は低いですが、在職中であれば本当に良い求人が出るまで何ヶ月も待ち続けられます。

働きながら転職活動をするデメリットと対策

 看護師は忙しく、転職活動に割く時間はあまりありません。そんな中で転職活動をしても、十分な成果が得られない事があります。
 
 求人を探す時間もなければ、応募先に合わせた履歴書を作るのも一苦労です。また、面接日の確保だって有給を取って行わなければなりません。有給を取る度に職場に迷惑がかかりますし、面接日も融通が効かないので雇用側としてもやりにくいでしょう。せっかく転職先が決まっても、働けるのが一ヶ月後や二ヶ月後では遅すぎるということもあります。
 
 そこで、働きながら転職活動をする際に便利なのがコンサルタントです。コンサルタントは非公開求人を始め、数多くの情報を持っています。さらに、看護師が働いている間にも求人情報を照会し、条件交渉を行ってくれるので、働きながら転職活動をする場合には大きな助けとなるでしょう。

働きながら転職活動をする際の大まかな流れ

 まず、求人サイトを選びます。その際に、コンサルタントが充実しているサイトを選びましょう。一旦登録して、こちらの希望をコンサルタントに伝えたら、後は任せっきりでも大丈夫です。適宜情報交換をして、好条件の求人を持ってきてくれるのを待ちましょう。
 
 そして、候補が出たら応募です。これもコンサルタントに相談しながら履歴書を埋めていくと効率的です。面接日はいくつか候補を貰って、有給を取れてから決定するとよいでしょう。そして、内定を貰ったら退職の運びとなります。
 
 転職活動を初めてから実際に働き始めるまで、どんなに早くても一ヶ月半はかかるのが働きながらの転職活動です。
 働きながらの転職活動は時間との戦いです。自身が働いている間にも活動してくれるコンサルタントを上手く活用し、忙しい中でもより良い条件の求人を見つけてもらえるようにしましょう。
 
 職があるので急ぐ必要はありません。本当に良いと思える求人が見つかるまで、複数の求人やコンサルタントを利用して満足できる転職先を探しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!