結婚・出産の機会が多い30歳代前半の看護師の年収

 30代前半の平均年収は、約460万円です。20代後半の年収が約450万円ですので、収入の上昇率は緩やかになっています。その理由として、看護師の昇給額や昇級する機会が少ないことがあげられます。また、男女別に見た場合、20代は女性の方が収入が高いのに対し、30代前半では男女が逆転しています。これは、30歳前半の女性で、結婚・出産、そして育児に伴い、女性が夜勤を避けたり、時短制度を利用するなど、働き方を変える人が多いためと考えられます。※厚生労働省 賃金構造基本統計調査より

育児と両立させる30歳代後半の看護師の年収

 30代後半の平均年収は、男性で約522万円、女性で473万円です。男性看護師の場合、夜勤回数も多く、過酷な勤務をこなしていくのに対し、女性看護師は、家庭と育児を両立させるために、日勤のみや、時短制度を利用する、もしくはそれができる職場に転職する人が多いと考えられます。また、実績を積んだ看護師は、主任や師長などの管理職になることがあります。この場合、役職手当がつくので、収入がアップすることになります。※厚生労働省 賃金構造基本統計調査より

ライフスタイルの変化に合わせて柔軟な働き方を

 経験や実績を積んだ30歳代の看護師は、ベテランとして医療現場の即戦力として期待されています。出産により一時休業はありますが、職場復帰はしやすい環境にあります。その際、子どもが小さいうちは年収よりも働きやすさを優先するほうが、子育てと仕事を両立させやすいと考えられます。看護師の求人は多いので、休業前の職場で復帰は負担が多いという場合は、より働きやすい職場への転職を検討してもいいでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!