看護師は日勤だけでも働ける

 新卒で病院等に就職した看護師のほとんどが、病棟勤務となり、日勤と夜勤を繰り返す混合シフトになります。しかし、ハードな勤務で体調を崩してしまったり、子育てや介護などにより夜勤が難しくなるケースも多々あります。そのため、日勤常勤看護師として配置換えをしたり、転職して日勤専従となる看護師も少なくありません。 また、小規模クリニックなど、入院施設がない外来専門医療機関等では、夜勤がないところが多くなります。

日勤看護師の給与体系

 日勤専従であっても、正社員として働く看護師の場合、健康保険や年金等の保障もしっかりしていることが多いです。また、ボーナスや定期昇給、勤続年数に応じた退職金の支給もあります。しかし、夜勤がないことから夜勤手当がつかず、日勤・夜勤両方をこなす看護師に比べて年収は下がります。 看護師全般の全国平均年収が約470万円ですが、日勤専従の看護師の全国平均年収は320〜360万円程度と、100万円以上の差がついています。

日勤専従で働くメリット・デメリット

 日勤だけの仕事のメリットは、生活リズムが乱れず、体調を維持しやすいということがあります。また、子育てや介護などに携わっている場合、仕事と両立させやすいといえます。
 
 反対に、日勤だけで働く場合のデメリットは、夜勤手当がつかない分収入が低くなることです。また、日勤専門の求人は、日勤・夜勤が必要な職場に比べて数が限られています。同じ病院内での配置転換が難しい場合は、転職も検討することになります。転職支援サービス等を利用することで、自分の希望にあった転職先を探しやすくなります。
 
 看護師は様々な働き方が選べる職業です。収入が低くなるデメリット以上に、メリットがあると考える場合は、日勤専従も視野に入れ、自身のライフスタイルに合った働き方を検討していきましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!