看護師は日勤だけでも働ける

 新卒で病院等に就職した看護師のほとんどが、病棟勤務となり、日勤と夜勤を繰り返す混合シフトになります。しかし、ハードな勤務で体調を崩してしまったり、子育てや介護などにより夜勤が難しくなるケースも多々あります。そのため、日勤常勤看護師として配置換えをしたり、転職して日勤専従となる看護師も少なくありません。 また、小規模クリニックなど、入院施設がない外来専門医療機関等では、夜勤がないところが多くなります。

日勤看護師の給与体系

 日勤専従であっても、正社員として働く看護師の場合、健康保険や年金等の保障もしっかりしていることが多いです。また、ボーナスや定期昇給、勤続年数に応じた退職金の支給もあります。しかし、夜勤がないことから夜勤手当がつかず、日勤・夜勤両方をこなす看護師に比べて年収は下がります。 看護師全般の全国平均年収が約470万円ですが、日勤専従の看護師の全国平均年収は320〜360万円程度と、100万円以上の差がついています。

日勤専従で働くメリット・デメリット

 日勤だけの仕事のメリットは、生活リズムが乱れず、体調を維持しやすいということがあります。また、子育てや介護などに携わっている場合、仕事と両立させやすいといえます。
 
 反対に、日勤だけで働く場合のデメリットは、夜勤手当がつかない分収入が低くなることです。また、日勤専門の求人は、日勤・夜勤が必要な職場に比べて数が限られています。同じ病院内での配置転換が難しい場合は、転職も検討することになります。転職支援サービス等を利用することで、自分の希望にあった転職先を探しやすくなります。
 
 看護師は様々な働き方が選べる職業です。収入が低くなるデメリット以上に、メリットがあると考える場合は、日勤専従も視野に入れ、自身のライフスタイルに合った働き方を検討していきましょう。
  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    紹介実績No.1

    97%が満足

    年間10万人が利用

    提供会社 エス・エム・エス
    求人数 140,000~
    対応エリア 全国

    看護師転職の最大手、まず最初に登録

    ナース人材バンクは、東証一部上場企業の医療業界支援会社エス・エム・エス社が提供する看護師転職支援サービスです。年間10万人が利用し、その満足度は非常に高く、信頼のおける運営をしています。

おすすめ

  1. クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    看護師の仕事には、実は幅広い選択肢があります。病院かクリニック、訪問看…
  2. 看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた
    看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた
    患者さんやそのご家族、医師や師長、同僚と、看護師が毎日顔を合わせる人は…
  3. 年代ごとに重要なことも違う? 看護師が転職先を決めるためのポイント
    お金では解決しない環境が大切。転職前に師長の人柄を必ずチェックしよう!
    やっとの思いで転職したのに、いざ働いてみたらどうも合わない……。実際に…
  4. 転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    職場の人間関係や院内の労働環境、ルール、待遇……どの病院でも何かしらの…
  5. 看護師の転職には優先順位が大切!失敗しない転職のコツとは?
    転職サイトで定着率をチェックし、病院見学はマスト!転職活動のポイント
    病棟かオペ室か、診療科の選択に始まり、退職金や保育所などの待遇や福利厚…