高収入看護師への長期的戦略

 看護師の働き方として多いのが、病院等に務め、日勤・夜勤もこなす常勤(正社員)看護師です。常勤看護師は定期昇給やボーナスがあるため、生涯賃金を最も高くする方法としては、なるべく長期間、できれば定年まで勤務することが挙げられます。看護師の給料は、基本給が高いというよりも夜勤手当などの手当による部分が大きいため、高収入を求めるには夜勤など手当が出るシフトは避けられません。
 
 また、キャリアを重ねていくことで、師長など管理職になれば役職手当もつきます。地方よりは大都市、小規模よりは大規模病院の方が給料は高い傾向があるため、高収入を得たい場合は、できるだけ早い時期に都市部の大規模病院への就職を狙います。

看護師+アルファの資格で収入アップ

 看護師資格は有力な国家資格ですが、それにプラスした資格を持っていると収入アップにつながります。例えば、看護師資格を持っていないと取ることができない資格「助産師」です。助産師は正常な出産の分娩を手がける他、助産師検診が行えるなど、看護師よりもワンランク上の資格と見られるため、看護師よりも収入が高い傾向にあります。看護大学、もしくは4年制の看護師専門学校で助産師カリキュラムがある場合は、助産師資格試験を受けやすいので、ぜひ取得しましょう。
 
 また、看護師に有利な資格として、認定看護管理者の資格もあります。認定看護管理者は、日本看護協会認定の資格であり、管理職となる看護師のための資格です。取得者は昇進や高収入を得るチャンスが増えます。

短期間で高収入を得る裏ワザ

 短期間で高収入を稼ぎたいという看護師は、「夜勤専門」の看護師も検討してみましょう。夜勤には夜勤手当がつきますので、日勤のみの看護師よりも高い収入になります。また、一般的な看護師は日勤と夜勤がシフトで交互に行われますが、夜勤専門の看護師は働いた日数分の夜勤手当がつくので、短期間で高収入を得ることができます。
 
 夜勤専門の求人を見つけにくい時は、転職支援サービスを利用することで、自分に合った条件の職場が見つけやすくなります。今の職場での収入に不満がある場合は、転職支援サービスで一度相談してみるといいでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!