クリニックでは看護師一人に与えられる役割が多い

 クリニックに転職を考えた場合、病院と比べるとどのような違いがあるのでしょうか。一つは、働いているスタッフが圧倒的に少ないことです。病院では多くのスタッフがそれぞれの役目を担っていましたが、クリニックでは検査器械のセットアップや物品の発注なども自分で行わなければならない場合があります。これまで経験したことのない業務に関わる機会も増えやすいため、転職直後は慣れない仕事に苦労するかもしれません。一方で、「仕事の幅が広がってスキルアップできる」という考え方もできます。

クリニックに転職した場合は生活サイクルの見直しを

 クリニックは無床の施設が多いため、基本的な働き方としては日勤が中心です。朝に出勤し、夕方ごろには退勤できるほぼ規則的な生活になります。これまで不規則な生活に体が慣れてしまっている看護師は、毎日同じ時間に起きて仕事に行く生活に変えていく必要があります。また、平日の連休は取りづらくなることも考えられますので、転職する前にシフトのルールも確認するようにしましょう。
 
 看護師がクリニックへ転職すると、新しい仕事を覚えるだけでなく生活リズムも大きく変えなければならない可能性もあります。自分にとって優先すべきことを押さえて、転職を有利に進めていきましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!