問題点1.看護師の仕事は休憩時間がない?!

 看護師の時間がない大きな理由のひとつが、「休憩が十分に取れない」ことです。患者さんの様態や医師からの指示など、看護師は予測不可能な事態に備えていつでもフットワークが軽くなくてはいけません。やりがいのある仕事の裏には、「ゆっくりと腰を落ち着かせて一定の時間休憩を取ることができない」という側面があるのです。

問題点2.36協定を結んでいない病院が多い

 36協定とは法律で決められた残業時間を超える時間外労働や休日労働を従業員にさせる旨を、労働基準監督署に届けることです。しかし病院のなかには36協定が結ばれておらず、通常の残業時間に加えてさらなるオーバーワークが看護師に強いられている環境もあります。長時間労働は看護師の過労死を招きかねない危険性もあると考えられています。

問題点3.交代制勤務でも長時間労働になってしまう

 看護師の仕事は、主に2交代制と3交代制の時間割・シフトで勤務します。2交代制は勤務時間が長く休みは多くとれる、3交代制は勤務時間が短く手当はでない、など共にメリット・デメリットがあります。しかし、時間外労働や長時間の残業が当たり前のようになっている職場では、たとえ交代制勤務であっても休みが急激に少なくなり、実質は長時間労働になってしまうのです。
 
 以上に挙げたように、看護師の時間がないという現状の裏にはあらゆる問題点があることが分かります。時間管理がきっちりとできる環境で働くことが看護師の「時間がない生活を変える」きっかけとなるのです。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!