早めの行動がベスト!

 ”転職に適している時期は、ずばり出産前、1番ベストな時期は妊娠前です。転職活動には大きな労力と気力が必要です。妊娠中や育休中に就職活動を行なうことは、とても大変なことなのです。もし、すんなりと仕事が見つかったとしても、新しい職場に慣れるまでは、さらに大きなストレスを抱えることになるでしょう。
 
 ですから出産前、できれば妊娠前に転職を行なうのがベストなのです。妊娠前に転職をし、まじめな仕事ぶりをアピールしておくことで、その後の育児休暇や復職の際も周りから理解を得られやすいでしょう。

育児休暇の取得条件に気を付けて!

 出産前、できれば妊娠前に転職を、とおすすめしたのにはもう1つ理由があります。実は、子どもができたら誰でも取得できると思われがちな育児休暇ですが、2つの条件をクリアしなければいけないです。
 2つの条件とは、同じ事業主に1年以上雇用されていること、子どもが1歳に達する日を超えても引き続き雇用されることが見込まれること。つまり、妊娠後の転職では1年以上の勤続が認められないため、育児休暇を取得できない可能性が高いです。
 
 転職は大変なものなので、比較的職場に馴染みやすい出産前、できれば妊娠前をおすすめします。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!