看護師復職への不安 1:技術の不安

 産休、育休と連続して取得すると、社内規則にもよりますが、最大3年前後現場を離れることになります。その間、新たな設備が導入されるなど劇的に業務内容に変化が出ることもあります。どんな技術が変化し、どのような業務が増減しているのか、を理解するよう、上司や同僚から意見交換を日々行うように心がければ技術面の不安はカバーできるはずです。それでも不安であれば、転職エージェントなどが開催する復職セミナーに参加してみるのも一つです。

看護師復職への不安 2:人間関係

 看護師は女性の多い職場として有名ですが、女性が多いからこその「人間関係」の悩みも尽きません。産休・育休で人員補強が行われた場合は新しいスタッフへの配慮も重要になりますし、補強がなかった場合は現在のメンバーに負担をかけていることになります。まずは、この現状を理解し、感謝の気持ちを持つことを心がけると復職はスムーズになります。
 また、こちらに関しても、休職中に元の職場で信頼できるスタッフがいるのであれば、定期的に情報交換することで、人間関係克服の糸口を発見することができるでしょう。
 ”
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!