認定薬剤師・専門薬剤師とは何か

 薬剤師は薬剤師国家試験に合格することで認められる資格ですが、日々進歩している医療や医薬品の世界にあって、薬剤師として働き続ける限り、継続的に研鑽することが欠かせません。その研鑽のひとつの指標となるのが、日本薬剤師研修センターをはじめとした、さまざまな団体、大学、薬剤師会などが行っている認定薬剤師や専門薬剤師の研修認定制度です。
 
 薬剤師といっても、がんや感染症、精神科、妊婦・授乳婦、HIV感染症、漢方薬・生薬など様々な領域があります。認定薬剤師は、各専門領域におい実務経験や実績、一定の研修や講習を受けて知識と技能を高め、試験に合格することで認定を受けます。この認定を受けたうえで、各専門領域の研究業績が吟味されて、専門薬剤師と認定されます。専門薬剤師の認定を受けた後も、5年毎に資格の更新が必要です。

認定薬剤師・専門薬剤師のメリット

 ”認定薬剤師や専門薬剤師の資格は、薬剤師にとって有力なステータスアップの手段です。認定薬剤師・専門薬剤師は最新の知識と専門性を兼ね備えた薬剤師の証明であり、最新の医療・高度な医療を提供する現場など活躍の場を広げることができます。認定薬剤師や専門薬剤師は、認定証の掲示やIDカードなどの着装が認められるため、患者やほかの医療従事者にアピールすることができ、信頼を得ることができます。
 
 給与面に関しては、一般的な薬剤師の年収が約500万円ですが、製薬会社勤務の専門薬剤師が700〜800万円と職場によっては大幅なアップにつながります。また、専門薬剤師に資格手当を支給する病院があるなど、昇給などが期待できます。また、転職の際にはプラス評価を受けるため、年収査定や交渉でも有利に働きます。薬剤師として収入アップを図る手段としても認定薬剤師・専門薬剤師を目指すメリットは高いものと考えられます。
 
 医療の高度化や複雑化に伴い、医療チームの一員として、薬剤師に求められるスキルも高くなっており、認定薬剤師・専門薬剤師に対する期待は高まっています。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!