製薬会社に勤務する薬剤師の年収はどれくらい?

 新卒薬剤師の勤務先として人気の製薬会社。調剤薬局や病院に勤務する薬剤師と比べると、その年収は400~800万円以上と高めです。しかし、製薬会社は一般の企業と同様に初任給はそれほど高くありません。実力にもよりますが昇給があるため、長く務めることで高い給料を手にすることができます。大手製薬会社で管理職になると、年収が1000万円以上になることもあります。外資系の製薬会社ではさらに高い年収になるようです。

職種によって年収が異なる製薬会社での勤務

 薬剤師が製薬会社に勤める場合の職種は、研究・開発職や学術、MR(医療情報担当営業)などになります。その内、研究・開発部門は募集も少なく博士号が必須、学術部門は大学院修士課程修了程度が必要です。そのため、学部を卒業し製薬会社で働く薬剤師はMRとして勤務する場合が多いようです。MRの年収の相場は500万円~1000万円程度。営業成績によっては30代で1000万円以上になることもあります。 MRは薬の知識も必要ですが、営業職なので人と接することが苦にならない人向けです。製薬会社での転職を考えている場合は、MRという働き方も検討してみるとよいでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!