自殺者は年間約3万人、若年層の自殺も深刻

 自殺者は年間約3万人、若年層の自殺も深刻です。
 内閣府の2014年版「自殺対策白書」などによると、2013年の一年間に自殺で亡くなった人は27,283人。「勤務問題」が自殺の原因だった人は2,323人で、医療・保健従事者も含まれています。また、15歳~39歳の各年代では、自殺が死因のトップです。
 また、精神障害での労災保険について、2010年~2014年における請求件数をみると看護職は請求件数の多い職種に入っています。

看護師をうつ病や自殺に追い込むものは何?

 看護師は仕事の厳しさや長時間労働などからストレスを受けやすい職業です。また、医療現場という特有の環境や女性が多いことなどさまざまな要因で人間関係に悩んだり、中にはパワハラやいじめにあう人もいます。医療や介護現場でみられるパワハラは上司だけでなく、患者や家族からの威圧的な態度や暴力なども含むことが特徴です。
 さらに、看護師は燃え尽きによるバーンアウトや一人で抱え込むことによって疲弊し、うつ病などの精神障害になることもあります。

自殺ではなく、他の解決方法が必ずあります

 自殺を考えるほど疲弊すると考え方も狭くなり、自分で解決策を探すことは難しくなります。一人で悩むのではなく、他の人に相談し一緒に解決策を考えてもらいませんか。期待したように進まないこともありますが、一人で考えるより選択肢は拡がります。
 また、精神的な不調を感じたら早めの受診が必要です。医師の助言も生かしてこれからのことを考えましょう。
 
 看護師の仕事はストレスもありますが、さまざまな職場で働くことができます。無理をし過ぎず、休養も取りながら自分らしく過ごせる場を探しましょう。
  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    紹介実績No.1

    97%が満足

    年間10万人が利用

    提供会社 エス・エム・エス
    求人数 140,000~
    対応エリア 全国

    看護師転職の最大手、まず最初に登録

    ナース人材バンクは、東証一部上場企業の医療業界支援会社エス・エム・エス社が提供する看護師転職支援サービスです。年間10万人が利用し、その満足度は非常に高く、信頼のおける運営をしています。

おすすめ

  1. クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    看護師の仕事には、実は幅広い選択肢があります。病院かクリニック、訪問看…
  2. 看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた
    看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた
    患者さんやそのご家族、医師や師長、同僚と、看護師が毎日顔を合わせる人は…
  3. 年代ごとに重要なことも違う? 看護師が転職先を決めるためのポイント
    お金では解決しない環境が大切。転職前に師長の人柄を必ずチェックしよう!
    やっとの思いで転職したのに、いざ働いてみたらどうも合わない……。実際に…
  4. 転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    職場の人間関係や院内の労働環境、ルール、待遇……どの病院でも何かしらの…
  5. 看護師の転職には優先順位が大切!失敗しない転職のコツとは?
    転職サイトで定着率をチェックし、病院見学はマスト!転職活動のポイント
    病棟かオペ室か、診療科の選択に始まり、退職金や保育所などの待遇や福利厚…