ドラッグストアではどんな仕事をするの?

 ドラッグストアでの仕事は調剤やOTC医薬品の相談などのほか、日用品や食品などの商品の品出しや レジ打ち、接客など多岐に渡ります。また、店舗によっては調剤だけということもあります。
 
 ドラッグストアではお客さんの相談に応じてアドバイスを行ったり、的確な医薬品を勧めたりできる幅広い薬の知識が求められます。
 
 午前10時頃から夜9時頃まで営業しているドラッグストアが多く、薬剤師の拘束時間も長めです。

ドラッグストアで勤務する薬剤師の年収は?

 ドラッグストア勤務の薬剤師の年収は400~700万円程度が一般的です。薬剤師確保のため、新卒薬剤師の年収は450万円ほどと高めです。しかし、その後の定期昇給はあまりなく、ドラッグストア勤務の薬剤師の平均年収は500万円前後といわれています。
 
 ドラッグストアで薬を売るには管理薬剤師が必要です。管理薬剤師になると手当が月1万円ほどつきますが、大幅な給料アップにはならないところが多くあります。
 店長クラスの管理職になると年収は600~800万円程度です。この場合は店舗のマネジメント力なども求められます。
 
 薬剤師が不足気味のドラッグストア業界は、年収も比較的高めで転職しやすいといえるでしょう。OTC医薬品や健康食品など幅広い知識を身につけることができる点も魅力です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!