看護師が転職を繰り返すことのデメリット

 看護師は人手不足であることから、仕事を辞めてもすぐに次の仕事を得やすい環境です。そのため、転職を繰り返す看護師が少なくありません。しかし、看護師に限らず転職を頻繁に繰り返す人は、「ジョブホッパー」といわれ人事担当者に敬遠されがちです。いくら求人の多い看護師であっても、転職をいつまでも繰り返していると、仕事はえり好みしなければあるものの、条件のよい仕事には就きにくくなります。また、院内で教育を受ける機会が得られず、経験年数相応の知識や技術が身につかないことから、キャリア形成がされていかないため、いつまでも立場の低いポジションで働くことになりがちです。

前向きな転職をしよう

 しかし、看護師の全ての転職を否定しているわけではありません。看護師は転職することによって、目指す分野の専門性の高い業務に携われることや、今よりも上のポジションで待遇もよく働くことができるケースがみられます。看護師として働き続けていくうえで、仕事の内容や収入の面でステップアップできる、前向きな転職は必要なときもあります。今働いている職場を辞めたくなったときには、どういう施設で働けばキャリアプランの形成につながるか考えて、すぐには辞めずにステップアップができる転職ができるよう、努力することが大切です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!