勤務先によっても異なる薬剤師の平均年収

 平成26年度の薬剤師の平均年収は、賞与などの特別手当込みで、約531万円となっています。月々の給料は、平均38万円で、平均時給は約2,200円となります。※厚生労働省 賃金構造基本統計調査より
 
 勤務先別に平均年収を見てみると、病院薬剤師の平均年収は、320万円~530万円、調剤薬局勤務の薬剤師の平均年収は、380万円~510万円、ドラッグストア勤務の薬剤師の平均年収は、400万円~700万円となっており、勤務先によって差が見られます。

転職で年収アップを実現するには

 平均年収と比較して、自分の給料や年収に疑問を抱いた方は、転職も視野に入れながら、将来のプランを考えるのもひとつです。
 転職には2種類あり、勤務エリアを変える転職と、勤務先の種類を変える転職に分かれます。
 年収アップを希望する方の中には、成果主義による給与制度を求めて、製薬会社の営業職を目指したり、ドラッグストアの店長クラスを目標とする人もいます。
 また、仕事内容は変えず、比較的年収が低めの都市部を離れて、平均年収が高めの自治体に移住し、転職する人もいます。
 
 転職活動の成功のカギは、正確な情報収集力と交渉力です。念願の転職先を見つけるために、薬剤師専門の転職サイトやコンサルタントを活用することも有益です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!