薬剤師が抱える悩みはさまざま

 薬剤師が働く職場には病院・調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社などがありますが、仕事をするために覚えなければならないことは膨大です。薬剤師が薬のプロとして一通りの仕事ができるようになるまでには、たくさんの経験を積む必要があります。けれども、仕事をはじめて間もないころから「患者さんと上手く接することができない」や「レベルについけない」などの悩みを持つ薬剤師がたくさんいます。また、「派閥がある」など女性特有の人間関係の悩みから仕事を辞めたいと考える薬剤師も少なくありません。さらに、休みや給料が少ない、忙し過ぎるなどと待遇面の悩みを抱えることもあります。

悩みを解決するには、転職も一つの方法

 辞めたいと思えばすぐにでも辞めることは可能ですが、先にあなたの悩みを解決できる方法がないか考えてみましょう。一人前の薬剤師となるには少なくとも1年、職場によっては3年くらいはかかります。薬剤師の仕事は時に患者さんの命に関わる大変なお仕事ですが、仕事を続ければ多くの経験や知識を積むことでで成長していくことができます。上司に仕事の悩み、人間関係などの悩みを打ち明けて勉強の仕方、人間関係のアドバイスを受けることで、悩みが解決できるかもしれません。
 
 しかしながら、人間関係や待遇など、自分の力ではどうしても解決できない悩みを抱える場合は、違う職場に転職して新しい環境で働きはじめるのも一つの解決方法です。”
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!