女性ばかりの職場は人間関係で気を遣うことばかり?

 薬剤師の数は男性と比較して女性の方が多いとされています。配属先によっては女性しかいない、ということもありうるでしょう。細かいことを気にしたり、派閥をつくったりする傾向にある女性が複数いるとどうしても職場はギスギスするケースが多々見られます。またまわりへの気遣いを続けているうちに疲れてしまうということがあるようです。長時間を同じ場所で過ごすということだけでも疲れてしまう場合もあり注意が必要です。

雇用形態の違いから仲違いしてしまう?

 薬剤師と一言で言い表してもその雇用形態はさまざまで、正社員もいればアルバイト、パート、派遣社員まで幅広く存在します。薬剤師の仕事内容は雇用形態でさほど変わりませんが、仕事に対する意識や職場への帰属意識に大きな差があり溝が生まれてくる様子です。残業を頑なに拒む派遣社員やパートに反感を覚えてしまう正社員も珍しくはありません。職場環境により、転職を考えたり、雇用形態の見直しを考えたりする人もいます。
 
 薬剤師の仕事は病院や薬局、研究所など場所で働くことになりますが、人間関係で悩むことはどこでも起こりうることです。悩んだ場合、信頼できる人や転職コンサルタントに相談をすることで解決できたりします。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!