薬剤師はどんな時に罪悪感を感じる?

 出産後や子育て中の薬剤師は、子供の送迎のために出勤時間がギリギリになる、残業ができないケースが多いです。また、在宅で介護を行っている場合も、働く時間が制限される場合がほとんどです。
 そのため、職場に独身の方や子育てを終えた方が多い職場では、「他の人は早く来ているのに…。自分はなかなか早く来れない」「仕事が残っているのに残業できない…」など、罪悪感を感じやすく、その罪悪感から転職を検討する薬剤師が多いのです。

罪悪感からの転職、転職先選びは慎重に

 子育てや介護など、家族の世話のために働く時間が制限されている場合には、転職先も自分に似た境遇の人がいる、もしくは、そのような境遇を経験したことがある人がいる職場を選ぶことが重要です。
 
 職場の人に理解があると、残業できない理由や働く時間に限りがあることを理解してもらいやすいので、不要な罪悪感を感じずに仕事に励み、また長く続けることができます。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!