離婚を機に転職する目的は?

 離婚したらまず考えなければいけないのが収入の確保。子どもがいれば学費なども必要になってくるため、より収入を増やすために転職するというケースもあります。
 一方、シングルマザーとして子どもの世話も1人でこなさなければならないため、子どもを預けて働きやすい環境の職場に転職するというケースも多いようです。子どもが未就学児であれば保育園に、小学生は放課後の学童保育に預ける必要も出てきます。まわりのサポートが受けられるかどうかも考慮しなければいけません。

どのような勤め先がある?

 残業が少なく夜勤もない調剤薬局は、子どもを預けて働く薬剤師におすすめです。大手調剤薬局チェーンの中には復職支援プログラムというものがあるところも。ブランクがある薬剤師でも安心して働き始めることができます。
 大規模な病院の薬剤部には24時間対応している保育室がある場合も。転職を考える際は夜勤の時に子どもを預けられるかどうかが大きな問題になります。高収入確保のために、製薬会社のMRになるという方法もありますが、残業や土曜日出勤なども多く、周りのサポートが必要です。
 
 離婚による環境の変化だけでなく、転職や復職での環境変化も重なると自分や子どもへの負担も大きくなります。あまり無理せずに働ける職場を探してみましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!