1.不規則な生活でも「食事」をしっかりとる!

 看護師はなかなか決まった時間に食事を取ることができませんが、なるべく3食しっかり食べるように心がけましょう。ポイントは「食事」を取ること。忙しい中で食べるため、ついつい手軽に食べられる菓子パンなどものに走ってしまいがちですが、菓子パンはきちんとした食事とは言えません。糖分の多い菓子パンをたべると血糖値が急激に上がって下降するため空腹になりやすいです。無駄な間食につながることに加え、もともと糖分やカロリーが高い食品のため太る原因になります。忙しければなるべくパンよりもおにぎりを選ぶなど、空腹になりにくい食事を取るように工夫してみましょう。

2.食物繊維を積極的に摂って毎日快便!

 下腹ポッコリの原因になるのが「便秘」。周りからはあまり太っているように見られないけれど、実は下腹がポッコリしていて自分ではすごく気になっている…という人も多いのではないでしょうか。看護師生活には不規則な生活やストレスがつきもの。ダメージを受けやすい腸をいたわることも大切なヤセ習慣の一つです。まず、空腹時に急に脂っぽいものを食べるなど、腸がびっくりしてしまうことはしないようにしましょう。また、便秘と言えば「食物繊維」。納豆やオクラ、ごぼうなどは体に必要な2種類の食物繊維が入っているので効率よく体に必要な食物繊維を摂ることができます。

3.寝る前は「消化の良い物」を「少量」

 遅く帰ってきた日や夜勤明けの食事、食べていいものか悩みますよね。
 寝る前に体内に食べ物を入れるということはは太るという意味でも良くありませんが、体にとってもいいことではありません。
 もしすぐ寝てしまうのならなるべく食べないほうが良いですが、お腹が空いていると眠れないものです。そんな時はおかゆやうどんなど、消化の良いものを少量食べるようにしましょう。野菜やタンパク質をとる場合は油を使った調理はせず、蒸したりゆでたりして消化吸収されやすい調理を心がけると良いでしょう。
 
 看護師の太ってしまう原因は毎日のちょっとした行動にあります。当たり前になってしまった悪習慣を「ヤセ習慣」に変えて、ヤセる体質に導きましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!