薬剤師あるある その3

薬剤師あるある その3
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

「この患者、確実に薬余ってるはず」と思いながら投薬する
前回からの日数と量が合ってないのに。。

痛み止めでカロナール出したら「これって熱冷ましじゃないの?」と言われる
カロナールは成分がアセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)、カコナールは成分が葛根湯(漢方)、名前は似てますが全く違うものです。

ロキソニンが発熱で処方されると「何で痛み止めが出てるの?」と怪訝そうに聞かれる
ロキソニンが発熱にも効くことはあまり知られていません

ロゼレム錠は「バラ色の眠り」をイメージして「rose」+「レム睡眠」なんだって
匂いもあればいいのに

便がよく出るからヨーデル錠
意外と多いダジャレ系の薬の名前

グッドミン→よく眠れそうだ。ベンドルミンのジェネリック
これもストレートな名前

問診票に併用薬なしと書いてるのに、聞くといろんな薬がわんさか出てくる
ちゃんと書いてほしい〜

お薬手帳がいっぱいになったら何かもらえるの?と患者に聞かれる
スタンプではないんです!

お薬手帳に体調変化をマメに記録している患者は、とても役に立つ
薬の効果がよくわかります

すごく臭いお薬手帳を持ってくる人がいる
めちゃくちゃ汚い手帳とか。なぜそんなに臭くなるのかわからないですが・・・

問診票に事細かくいろんなことを書いてる患者は、投薬時に質問攻めされそうで構えてしまう
病歴を細かく書いていると、性格が細いのかと身構えてしまう

薬剤師あるある その3
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

ぽっこりお腹なのか、妊娠しているのか、質問しづらくて困る
見た目や年齢でもわかりにくくなってます

「その薬余ってるからいらない」と言われる
医療費にも影響するので、きちんと医師に言ってほしいです

症状を聞くと何であんたに言わなきゃいけないんだと何も話してくれない患者がいる
そうはいっても聞かないとならないので大変

病院で長く待たされ、薬局に来て八つ当たりする患者がいる
病院で言ってください。。

待てない患者は自分より後に来た人が先にお薬もらってるとブチ切れる
簡単な処方、時間がかかる処方があるので仕方がないのだけど、わかってくれない。

患者に勝手に薬をやめないようにと言っておきながら、自分が守ってない
薬剤師でも薬を飲み切ることがない。

女性薬剤師は男性薬剤師にだいたい怖いと思われている
バリバリ働くのに加え、ちょっと男性薬剤師を下に見てるからかも。。

看護師のことをプライベートでも名前ではなく看護師さんと言ってしまう
自分の友だちでも、つい「看護師さん」と言ってしまう

いつも手がガサガサになるので、ヒルドイドが愛用品
「究極のアンチエイジングクリーム」と薬剤師仲間では呼ばれている

海外に行くとドラッグストアに立ち寄りどんな薬があるかチェックしてしまう
旅行中でも、この習性は治りません



・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!

薬剤師あるある その5

薬剤師あるある その5
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

年配の女性患者は、ドクターがイケメンかどうか薬局に報告してくれる
逆に、おじさんは可愛いナースがいるとは言ってこない

お菓子作りで粉を計るとき、目分量が大体必要量と合っている
これはもう職人技の領域

患者の病院やドクターの愚痴をよく言われる
いいやすいんでしょうね(逆に病院だと言いにくい)

製薬メーカーの疾患のCMを見ると、この薬だなとすぐにわかってしまう
啓発系CMはホントに多くなりました

ドクターと薬剤師の勉強会のお弁当のランクが違いすぎる
「お医者様」というくらいですからね

やなことがあったら、転職サイトを見る
やなことは人間関係6割:待遇収入4割!?検索キーワードは 「薬剤師 転職」「薬剤師 年収」

薬剤師あるある その5
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

男性薬剤師は男として見られず、萎縮してしまい、若干女性化している
女性が多いのでしょうがない

問診票で、たばこ、アルコール欄に「はい」と書いてくる未成年の子がいる
勇気を持って注意しましょう

「給料いいんでしょ」と言われる
もうかってるイメージが一人歩き イメージ

薬剤師の7つ道具→白衣、ボールペン、電卓、ハサミ、ハンコ、ツムラの漢方手帳とスマイル!
プロの必携品!

お料理で液体を計量する時、自分の目の高さで計ってしまう
目線まで持ち上げてメモリを確認しないと気がすまない

とんかつ屋などのお店でゴマをするすり鉢と棒が出てくると職人魂が湧き上がる
すり鉢を片手で持ち上げ、それぞれの手を回しながらゴリゴリ

続きを読む




薬剤師あるある その4

薬剤師あるある その4
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

ビ・シフロール錠をビシソワーズ(ジャガイモの冷製スープ)と言っちゃいそうになる
パーキンソンの薬ですが、ちょっと似てる

吸入剤のアズマネックスが芸人を想像して笑いそうになる
東MAX!?

白衣のポケットに朱肉の赤いシミがついてしまう
ハンコの利用頻度が多いのでどうしても汚れてしまう

出会いがなく、いくら見渡しても病んでる患者と卸のオッサンしかいない
整形外科病院の門前だったらいいのにな~

男性薬剤師と事務の女の子の結婚率が高い
薬剤師同士は少ない女性薬剤師は男性薬剤師を下に見ていることが多いので結婚相手として考えない

患者からお見合い話を持ち掛けられることがある
心配されてるのか、手っ取り早いのか。。

薬剤師あるある その4©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

薬剤師はワーキングホリデー経験率が高い
薬学部以外の友達は就活で忙しいが薬学生はのんき。ワーキングホリデーで、就職活動しないで海外に行く人が多い。

大金を手に入れたい時は、地方の薬剤師のいないとこに出稼ぎに行く
家付き月給100万なんて求人も。ただ一人しかしないので1年ぐらいで疲弊してしまう。

4月1日は陣痛誘発剤がたくさん処方される
年度が変わるから。早生まれにしたい親が多い

投薬瓶や軟膏ツボを化粧品の小分けに使う
リサイクルだし、結構便利

問診票の記入をお願いしたら「面倒くさいことするなら他行くぞ」と脅す患者がいる
義務ではないので、引き下がることも

ヒートをバラバラにして、管理できなくなる患者がいる
持ち運ぶ分だけ切ればいいのに、薬をもらったら全部分離し、なんだかわからなくなる  ※ヒート=ヒートシール(薬の包装部分)

薬剤師あるある その4©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

「この薬強い?」とよく聞かれる
あまりうかつなことは言えません

処方箋にも期限があることを知らない人が多い
時間が経ってから持ってこられると困ります

軟膏ミックスが楽になると春が来たと思う
気温が高くなると、柔らかくなってハケが軽くなる

左胸のポケットはペンがぎっしりつまってる
そんなに使わないのに、なぜかぎっしり入れてしまう

オルメテック(血圧の薬)はヨーグルト臭、アルダクトン(利尿剤)はハッカ臭など、臭いに敏感になる
臭う薬も結構あるんです

DMと聞いて思い浮かぶのはダイレクトメールじゃなくて糖尿病
業界用語が先に思い浮かんでしまう ※DMはDiabetes Mellitus(糖尿病)の略語

「やくたい」「やくじょう」と、業界用語を言ってしまう
え?と聞き返されること多数 ※薬袋(やくたい)、薬剤情報提供書(やくじょう)

「アレロック、アテレック」、「パセトシン、パントシン」など似た薬の区別がつかなくなる
似たような名前が多いから困る

続きを読む




薬剤師あるある その2

薬剤師あるある その2
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

「この患者、確実に薬余ってるはず」と思いながら投薬する
前回からの日数と量が合ってないのに。。

翌週が祝日、または祝日の翌週は患者で大ブレイクする
休み前後に具合が悪くなるもの

「薬が足りない」という患者のクレームが、なぜか立て続けに発生する
薬剤師の間違いもあるが、大抵は患者の間違い

めったに連絡がない親戚・知人から薬の相談の電話がくる
こんなときだけ頼られても。。

たまに会う親戚から飲んでる薬を披露される
毎日薬見てるから、おなかいっぱい

一般人からこの世にある薬をすべて知ってると思われてる
数万種類もあるらしい薬、覚えきれません

7の倍数にめっちゃ強い
薬の処方は1週間単位が多いから

7と10の倍数じゃない日数の長期処方がくると慌てて電卓を取り出す
1週間、2週間、1ヶ月、2ヶ月は得意

意味のわからない処方箋がくるとみんな集まってああだこうだと推理が始まる
分量や、処方箋ルールにそっていないものがたまにくるし、手書きの字が汚すぎて読めない時も

冷蔵庫に入れておく食べ物も「冷所保存」と堅苦しく言ってしまう
プライベートでも普通に言う職業病

薬剤師あるある その2
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

期限が近いものを「期限切迫品」と堅苦しく言ってしまう
刺身や牛乳、食パンも

番号のついた下足箱を見ると漢方薬を思い出してしまう
居酒屋の下足箱は特に

男性薬剤師が常に萎縮している
パシリにされていることも・・・女性社会なので男性薬剤師は肩身が狭いかも

混んでる時に限って患者からの問い合わせ電話が殺到する
きっと法則があるはず。

混んでて忙しいのお構いなしに長々と話してくる患者がいる
関係ない身の上話とかだと困ります

同業者やドクターが患者の時の調剤は緊張する
同じ業界からの視線が気になります

全然違う名前なのに、自分が呼ばれたと勘違いしてくる患者がいる
1文字もかぶってないこともあります

道に薬が落ちてると何の薬か確認してしまう
そしてその人の病状も推理

ドクターに、好きな薬を処方してあげると言われることがある
薬剤師のお気に入り薬もあるんです

ジロジロ調剤室の中を見て自分の薬がどこにあるのか監視している患者がいる
鋭い視線がやりづらい

続きを読む



薬剤師あるある その1

薬剤師あるある その1
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

●ボールペン、メモ帳、ティッシュはすべてもらいもの
製薬メーカーなどが大量のノベルティを持ってくるので。ローションティッシュだとテンションが上がる

●文房具を全く買わないすべてもらえるので事足りる。
3色ボールペンは人気。ただし、すべて薬の名前入り

●薬の説明をしはじめると、「もう知ってるから」と途中でさえぎる患者がいる
効能はいらない。知りたいのは金額。必ず言うのが「で、いくら?」

●発売後数年なのに「この薬もう何十年も飲んでるの」と誇らしげに言ってる患者がいる
薬自慢をする患者は話したがり屋さん

●聞いてもいないのに長々と病気自慢する患者がいる
仕事に戻りたいのになかなか終わらない

●薬とは関係ない身の上話をしてくる患者がいる
他の人に聞かれてもおかまいなし

●「ほら、うちの○○は△△△△でしょ。」と全く知らない個人話に同意を求めてくる患者がいる
「ほら、最近、うち引っ越したでしょ?」知らないですから〜「ほら、息子が結婚したでしょ?」聞いてませんから〜

●基本、立ち仕事なので、常に腰が痛い
薬剤師は楽な仕事と思われてるが実は体力仕事。8時間立ちっぱなし。パソコン入力も立ちながら。

●実は力仕事も多く、常に腰が痛い
湿布、輸液、栄養剤など重たいケースを運ぶので腰に来る。

●軟膏のミックス量が多いと腕がプルプルしてくる
100g軟膏2種類を台の上でヘラでかき混ぜると、なかなか重労働

薬剤師あるある その1
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

●子どもの処方に慣れてないと、子どもの処方箋が来た時ドキドキしてしまう
先生によって処方箋の書き方が異なっていたり、体重によって計算が必要なので間違えないか緊張

●粉薬をまいてると次から次と処方がきて抜けられなくなる
※分包(計って袋詰め)するときに「まく」という。

●プロペシアを投薬するとき、ついつい視線が頭にいってしまう
発毛薬のプロペシアを処方される人、気になります

●バイアグラを男性の薬剤師からもらう時、妙な親近感を持つ患者がいる
目で「男ならわかるよね」という感じ

●薬の種類が多くて覚えられない
1000種類の薬を把握するのは大変

●配合錠が多すぎてわけがわからなくなる
製薬メーカー都合?の配合薬(降圧剤、利尿剤を合算したものなど)が最近特に増えている

●薬の包装、変更多すぎて、実は覚えられない
メーカーが返品させないため?覚えきれない!

●薬剤師の勉強会は、まい泉のカツサンド率が高い
あまりにもよくでるので、もう食べ飽きた

●薬剤師の勉強会で今半のすき焼き弁当が出るとテンション上がり俄然ヤル気になる
叙々苑の焼肉弁当もポイント高い

●薬剤師の勉強会は誰も質問しようとしない
薬剤師は引っ込み思案?

続きを読む



正しい判断?転職を考える新人薬剤師

こんなはずじゃなかった。薬剤師のイメージとのギャップ

 思ったよりも仕事が大変で自分のやりたいことができない…。イメージしていた仕事と違う。そのような不満や不安を覚えて転職をしたいと考える新人の薬剤師は少なくありません。
 
 特に調剤はほとんどの薬局で自動化されており、薬剤師が調合を行うことはほとんどありません。また薬剤師は薬の管理や用法用量を患者さんやご家族に伝えることが重要な仕事です。そのため、「こんなに人と話すとは思わなかった」「分かりやすく薬剤の説明ができない」などは、多くの新人薬剤師が抱える悩みです。

転職?それとも現場でもうちょっと頑張ってみる?

 薬剤師の仕事が好きなのに、「上手くできない」ということが悩みなのであれば、職場の先輩薬剤師に「薬剤の概要を分かりやすく伝えるポイント」や「患者さんに応じてどのようなことに配慮しているか」などを聞いてみましょう。
 
 辞めたいという思いがあるのは、新人にとってはよくあることですが、その理由として、教育制度が整っておらず、どうしていいか分からない、このままでは成長できない、といった環境面でのズレや、あまりにも残業が多く心身ともに健康を損なってしまいそうといった健康面での不安があるときには、いま勤めているところが合っていない可能性が高いです。そんな場合は、転職を前向きに考えてみてください。

続きを読む



Sorry. No data so far.