薬剤師あるある その4
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

ビ・シフロール錠をビシソワーズ(ジャガイモの冷製スープ)と言っちゃいそうになる
パーキンソンの薬ですが、ちょっと似てる

吸入剤のアズマネックスが芸人を想像して笑いそうになる
東MAX!?

白衣のポケットに朱肉の赤いシミがついてしまう
ハンコの利用頻度が多いのでどうしても汚れてしまう

出会いがなく、いくら見渡しても病んでる患者と卸のオッサンしかいない
整形外科病院の門前だったらいいのにな~

男性薬剤師と事務の女の子の結婚率が高い
薬剤師同士は少ない女性薬剤師は男性薬剤師を下に見ていることが多いので結婚相手として考えない

患者からお見合い話を持ち掛けられることがある
心配されてるのか、手っ取り早いのか。。

薬剤師あるある その4©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

薬剤師はワーキングホリデー経験率が高い
薬学部以外の友達は就活で忙しいが薬学生はのんき。ワーキングホリデーで、就職活動しないで海外に行く人が多い。

大金を手に入れたい時は、地方の薬剤師のいないとこに出稼ぎに行く
家付き月給100万なんて求人も。ただ一人しかしないので1年ぐらいで疲弊してしまう。

4月1日は陣痛誘発剤がたくさん処方される
年度が変わるから。早生まれにしたい親が多い

投薬瓶や軟膏ツボを化粧品の小分けに使う
リサイクルだし、結構便利

問診票の記入をお願いしたら「面倒くさいことするなら他行くぞ」と脅す患者がいる
義務ではないので、引き下がることも

ヒートをバラバラにして、管理できなくなる患者がいる
持ち運ぶ分だけ切ればいいのに、薬をもらったら全部分離し、なんだかわからなくなる  ※ヒート=ヒートシール(薬の包装部分)

薬剤師あるある その4©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

「この薬強い?」とよく聞かれる
あまりうかつなことは言えません

処方箋にも期限があることを知らない人が多い
時間が経ってから持ってこられると困ります

軟膏ミックスが楽になると春が来たと思う
気温が高くなると、柔らかくなってハケが軽くなる

左胸のポケットはペンがぎっしりつまってる
そんなに使わないのに、なぜかぎっしり入れてしまう

オルメテック(血圧の薬)はヨーグルト臭、アルダクトン(利尿剤)はハッカ臭など、臭いに敏感になる
臭う薬も結構あるんです

DMと聞いて思い浮かぶのはダイレクトメールじゃなくて糖尿病
業界用語が先に思い浮かんでしまう ※DMはDiabetes Mellitus(糖尿病)の略語

「やくたい」「やくじょう」と、業界用語を言ってしまう
え?と聞き返されること多数 ※薬袋(やくたい)、薬剤情報提供書(やくじょう)

「アレロック、アテレック」、「パセトシン、パントシン」など似た薬の区別がつかなくなる
似たような名前が多いから困る

・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!