薬剤師あるある その5
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

年配の女性患者は、ドクターがイケメンかどうか薬局に報告してくれる
逆に、おじさんは可愛いナースがいるとは言ってこない

お菓子作りで粉を計るとき、目分量が大体必要量と合っている
これはもう職人技の領域

患者の病院やドクターの愚痴をよく言われる
いいやすいんでしょうね(逆に病院だと言いにくい)

製薬メーカーの疾患のCMを見ると、この薬だなとすぐにわかってしまう
啓発系CMはホントに多くなりました

ドクターと薬剤師の勉強会のお弁当のランクが違いすぎる
「お医者様」というくらいですからね

やなことがあったら、転職サイトを見る
やなことは人間関係6割:待遇収入4割!?検索キーワードは 「薬剤師 転職」「薬剤師 年収」

薬剤師あるある その5
©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

男性薬剤師は男として見られず、萎縮してしまい、若干女性化している
女性が多いのでしょうがない

問診票で、たばこ、アルコール欄に「はい」と書いてくる未成年の子がいる
勇気を持って注意しましょう

「給料いいんでしょ」と言われる
もうかってるイメージが一人歩き イメージ

薬剤師の7つ道具→白衣、ボールペン、電卓、ハサミ、ハンコ、ツムラの漢方手帳とスマイル!
プロの必携品!

お料理で液体を計量する時、自分の目の高さで計ってしまう
目線まで持ち上げてメモリを確認しないと気がすまない

とんかつ屋などのお店でゴマをするすり鉢と棒が出てくると職人魂が湧き上がる
すり鉢を片手で持ち上げ、それぞれの手を回しながらゴリゴリ

・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!