病棟かオペ室か、診療科の選択に始まり、退職金や保育所などの待遇や福利厚生と、求める労働条件を挙げればきりがありません。看護師が転職をするにあたってどのようにして転職活動を進めていたのでしょうか。転職経験のある先輩ナースに聞きました。

・Aさん
未婚、36歳、神奈川県在住。オペ室勤務。看護師歴14年目、転職して4年目。

・Bさん
30代後半、都内在住。看護師歴17年、現在の病院は4年目、オペ室勤務。
結婚1年目の新婚さんナース。

・Cさん 男性ナース

27歳、独身、都内在住。看護師歴7年目。今回初めて転職を経験。

看護師の転職には優先順位が大切!失敗しない転職のコツとは?

目次
・キャリア?お金?自分にとっての優先順位で選ぶ病院が変わる
・転職に前向きな声も!看護師の転職のリアル
・好条件には罠が!? 転職の病院選び、どこに着目すべき?
・病院見学はマスト!チェックしたポイントは?
・ナースとしての強みを作るには?
・看護師の転職活動まとめ

■キャリア?お金?自分にとっての優先順位で選ぶ病院が変わる

転職エージェントを利用した際に、病院選びに迷ってしまったBさん。エージェントの担当者から言われたアドバイスが効果的だったそうです。

ーー初めての転職で、転職エージェントを利用したそうですね。

B:担当部署から、勤務時間、研修体制、残業の有無、給与や福利厚生……条件を挙げたらきりがなくて、迷ってしまいました。転職エージェントの担当者からは「何が自分にとって優先順位が高いのは何ですか?」と聞かれました。それが決まらないと病院を紹介しにくいと、アドバイスされました。

まずは、自分が何を優先するのかをリストアップして、病院を絞りこんだそう。Bさんは、結婚や出産などのライフイベントを考慮し、子どもを設けられる施設があるかどうか、ママとして働く場合を想定して病院を決定しました。

一方、キャリア形成に重きを置いたCさん。
C:オペ室勤務が長かったこともあり、自分のスキルを活かしたかったことが大きいです。系列病院の異動を経験していますが、他の病院ではどこまで通用するのかを試したかった。以前の病院にはない診療科の経験を積めるという視点で、現在の病院に決めました。

キャリアアップを目指す上で、豊富な経験も大きな武器になります。足りない経験を補うことを軸にすることで、目標に一歩近づきました。
自分にとっての優先順位を明確にしたことで、スムーズな病院選びが実現しました。

■転職に前向きな声も!看護師の転職のリアル

転職を考えてはいるものの、なかなか踏み切れずにいる看護師さんも多いはず。実際に転職を経験した先輩ナースたちは、どんなことをきっかけに転職に踏み切ったのでしょうか。

ーー看護師界で転職はよくあることですか?

C:ずっと同じ病院で勤め上げる人の方が少ないんじゃないかな。
A:東京はたくさんの病院があるので、だいたい3〜4年で転職するのは普通かもしれません。
B:これが郊外や地方になると違ってきますね。一生同じ病院で勤め上げるのも普通で、早く結婚して、子どもを産んで、親の介護をするというパターンも多いようです。

ーー看護師のキャリアとして、転職は経験しておいた方がいい?

B:転職しない人はいないんじゃないかなって思います。
C:一度出て、また出戻る人もいますしね。
B:他の病院を知らないと怖いです。
A:一番はじめに入った病院が自分のスタンダードになるので、本当にそれであっているのか、それは他で通用するスタンダードかがわからないので、一度は出た方がいいと思っています。
C:頭が柔らかいうちに転職して、いろんな経験を積んで。ただ、退職金のことを考えるとリミットもあるので、「ここは一生にいられるな」と思うところで最終的には決めたいなと思います。

20代で転職を経験することでスキルアップを図ったり、いろんな病院を見る中で長く働ける病院を探したり、目的にもよりますが3人とも転職に対して前向きな意見を持っていました。
いくつになっても転職は可能ですが、退職金制度などの視点からみると、リミットがあることも。

■好条件には罠が!? 転職の病院選び、どこに着目すべき?

他の病院よりもケアの方法が遅れていることを知ったAさん。これを機に転職を考えたそうですが、実際は公にならない情報です。次の病院を選ぶに当たってどのように情報を集めたのでしょうか。

ーー細かなルールなどは実際に病院に入ってみなければわからないですよね。

B:今でこそ看護師の転職サイトがたくさんできて、情報もたくさんありますが、私たちの時代は友達からの情報しかなくて。今思えば限られた範囲でしか病院を探してなかったと思いますね。
A:細かいことを知るためにも、病院見学は大事なんですよ。
B:病院見学はいかないと! サイトにはたくさんの情報がありますが、いいことしか書いてないところも多くて(笑)あと、福利厚生がしっかりしてるのにずっと募集していることろは怪しいと思っています。
C:この病院はずっと募集を出しているなから怪しいなぁーと思いますね(笑)
C:好条件には罠がある!と思っちゃいます。
B:でもみんなわかってるから、引っかからないですね。
A:あ、でもお金だけが目的で転職する人は結構引っかかるんですよ。とにかく稼ぎたい人。で、結局、転職を繰り返す……。

やりがいよりもお金を優先させた転職は、失敗しやすい傾向にあるようです。

■転職サイトを利用する時に気をつけたこと

手軽に求人が探せる転職サイト。何社もサイトがある中で、みんなはどのように活用して転職活動に生かしたのでしょうか。

ーー転職を検討する時に、転職サイトはどう活用しましたか?

B:まずは、気になる病院をピックアップして、複数のサイトを横断的に調べました。こっちでいいことが書いてあるのに、もう一つのサイトには違うことが書いてあるとか。
C:あるあるですね。
B:転職サイトには、有休消化◯パーセントと書いてあっても、違うサイトの口コミを見ると違っていることもあるし。同じ病院でも部署によって取得率が変わってくるので実際に話を聞いてみないと分からないです。

ーーそうなると口コミも信憑性に欠けますね。

B:何が正しい情報なのかが分かりにくい時もあります。
C:惑わされる部分もありますね。
B:何年か前の情報と、現在の情報って違うだろうし、入れ替わりも当然あるわけで。現状が知りたいのに、誰に聞いたらいいのかが分からない。

看護師の転職には優先順位が大切!失敗しない転職のコツとは?

ーー情報の見極めが大切ですね。

B:最近の転職サイトには定着率が書いてあるんですよ。いま働いている病院も高い方ですが、蓋を開けてみると実はママさんナースが多い。「子育て中はしばらくここで働くぞ」という覚悟を決めて働いている人が多いので、必然的に数字も高くなります。定着率が高いと誰にでも働きやすい職場に見えるけど、実はママさんナースが働きやすいように整備されている。実は、病院の理念と合うかどうかも見逃せないポイントです。
A:あとは、師長さんや主任との関係も大きいです。今の師長さんは情に熱い方で、あの師長さんじゃなかったら職場が回らない!

先輩たちが情報収集をする上で気をつけていたのが、聞いた情報やサイトに載っている情報を鵜呑みにせず、取捨選択をしながら活用したこと。実際に働く職場ですから、条件だけではなく職場の人間関係の方が大切だという意見もありました。

■病院見学はマスト!チェックしたポイントは?

転職サイトの情報だけでは心許ないと先輩たちも勧めていたように、病院見学は欠かせません。実際の職場の様子を把握できる病院見学でチェックしておきたいこととは?

ーーサイトの情報だけで病院を決めない方が良いと。

B:平均の残業が書いてあっても、絶対に嘘なんですよ。
C:絶対に信用しないですね。
B:実際に見て、職場の雰囲気や忙しさを把握する方がいいです。病院見学に行った時には、まず挨拶をちゃんとしてくれるかどうかを見ます。本当に忙しいところは無視ですし……。
A:どうぞ勝手に見ていって、という感じの職場もありますから。
B:そういうところへ行ったら、必要なことを教えてくれる環境じゃないんだなって思っちゃいます。
A:いずれ潰れちゃうよね。

ーー病院見学では、どの程度まで見せてもらえますか?

B:病棟などの施設をぐるーっと見て回る、“施設見学”のようなものも多くて。あとは「その時の状況によります」という条件も多いですし。あまり深いところまでは聞けないし、見せられないという感じで。オペ室の中までは見れないこともありました。

ーーできれば納得してから入りたいですよね。

B:はじめの印象と実際に働いてみた時のギャップが大きいこともある。
C:そういう意味では、みんなどこか妥協してますよね。

見学の範囲は病院によって異なるため、思うような見学にならないケースも。事前に見学範囲を交渉したり、不明な点は質問したりと、病院見学をより価値のあるものにする工夫は必要です。

看護師の転職には優先順位が大切!失敗しない転職のコツとは?

■ナースとしての強みを作るには?

病院に長く勤める場合でも、より良い転職をする場合でも、看護師人生をより良いものにするには、スキルアップは欠かせません。先輩たちはどのようにキャリアアップを目指しているのでしょうか。

ーー看護師としてキャリアアップを目指すとなるとどのような方法がありますか?

A:いまでいうと認定看護師の資格をとるために頑張ったり、病院によって定められた教育過程に挑んだり。院内研修を頑張っている人もいます。
B:自分がどの方向を目指すかによっても取る資格が変わるので、ずっと同じ病院で頑張って行きたいならば院内の研修を頑張るとか。どこの病院でも通用するものだったら認定に挑戦するとか、選択肢はたくさんあります。

A:ただ、認定を取るのに難点だなと思うのが、取りに行かせてあげる代わりに永久就職の交換条件がついてくるのがほとんどです。もし、どの病院でも通用する認定看護師の資格をとりたいならば、自分でお金を出して通うかしない。病院でとろうとすると動けなくなるデメリットもあります。
C:病院から通わせてもらうことで、学校に通っている間の基本給が出るし、場合によっては研修のお金も出るところはメリットですよね。
A:中には一度病院を辞めて取りにいく人もいます。
C:お世話になると、二度目の丁稚奉公が始まるんですよ(笑)でも取得すればHPに掲載されて病院にも貢献できる。
B:教育がしっかりしている病院なんだなというイメージアップにつながりますよね。

ーー悩ましいですね。

B:その他にも、学会で発表するならば費用を出してくれる病院もあって、提出して審査に通れば発表もできます。学会にも種類があって、いろんな病院の手術室の人が集まって知識を共有したり、お悩み相談コーナーで悩みを共有したり。全国から集まるので友達の輪が広がりますし、他の病院でのやり方を知ることができるいい機会です。

認定看護師の資格をとるために条件が設けられている場合もあるため、転職の際にはこの辺の環境や条件を踏まえた上で検討する方が良さそうです。
一方、学会では全国のナースとの交流ができ、視野を広げられるいい機会となっているようです。

■看護師の転職活動のまとめ

転職を考えたり、スキルアップを目指すにしても、とにかく選択の幅が広い看護師の世界。冒頭にあるように、まずは自分がどういう看護師になりたいのか、どういう看護を目指すのか、目的や目標をはっきり定めることが大切です。転職を経験したナースに聞いた、転職活動のコツをまとめました。

・看護師の転職は珍しいことではなく、スキルアップのためにも経験を積んでおくといい。
・今の自分には何が大切か、求める条件に優先順位をつけることでスムーズな病院選びにつながる。
・転職サイトなどの情報を鵜呑みにせず、病院見学を利用して自分にとって必要な情報を集めること。

特に女性の場合は、結婚や出産を踏まえると優先順位が大きく変わるため、その都度、自分にとって大切な条件を洗い出して順位をつけることがより良い転職につながりそうです。
また、各種サイトの情報は病院の概要や雰囲気をつかむには便利ですが、院内ルールなど、細かい情報に乏しいケースも。情報の見極めながら、病院見学などを通して自分にとって必要な情報を集めることも大切です。

<看護師の座談会-関連コラム>

「転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール」

「お金では解決しない環境が大切。転職前に師長の人柄を必ずチェックしよう!」

「看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた」

「クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル」

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    紹介実績No.1

    97%が満足

    年間10万人が利用

    提供会社 エス・エム・エス
    求人数 140,000~
    対応エリア 全国

    看護師転職の最大手、まず最初に登録

    ナース人材バンクは、東証一部上場企業の医療業界支援会社エス・エム・エス社が提供する看護師転職支援サービスです。年間10万人が利用し、その満足度は非常に高く、信頼のおける運営をしています。

おすすめ

  1. クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    看護師の仕事には、実は幅広い選択肢があります。病院かクリニック、訪問看…
  2. 看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた
    看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた
    患者さんやそのご家族、医師や師長、同僚と、看護師が毎日顔を合わせる人は…
  3. 年代ごとに重要なことも違う? 看護師が転職先を決めるためのポイント
    お金では解決しない環境が大切。転職前に師長の人柄を必ずチェックしよう!
    やっとの思いで転職したのに、いざ働いてみたらどうも合わない……。実際に…
  4. 転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    職場の人間関係や院内の労働環境、ルール、待遇……どの病院でも何かしらの…
  5. 豹変医師【マンガ・看護師あるある】
    -温厚で誰にでもでやさしく患者にも人気なのに、手術室では凶暴キャラに変…