患者さんやそのご家族、医師や師長、同僚と、看護師が毎日顔を合わせる人はな数にのぼります。様々な人と接してコミュニケーションを取りながら仕事を進めていくには悩みが尽きもの。看護師は普段どんなことに悩んでいるのか、またどのように解決しているのか、看護師ならではのリアルな本音に迫りました。

・Aさん
未婚、36歳、神奈川県在住。オペ室勤務。看護師歴14年目、転職して4年目。

・Bさん
30代後半、都内在住。看護師歴17年、現在の病院は4年目、オペ室勤務。
結婚1年目の新婚さんナース。

・Cさん 男性ナース

27歳、独身、都内在住。看護師歴7年目。今回初めて転職を経験。

看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた

目次
・病院の体制、それとも人間関係?…看護師ならではの悩み
・女心は複雑!…女性が多い看護師、上手に人間関係を築くコツは?
・スキルアップどころじゃなくなる…転職後まずはじめに気をつけたこと
・院内待機がストレス!看護師ならではの悩み
・こんなにいい職場は他にない!師長さんに助けられたナースたち
・看護師特有の悩みまとめ

■病院の体制、それとも人間関係?…看護師ならではの悩み

ーー看護師さん同士で愚痴をこぼし合うことはありますか?

A:愚痴はありますね(笑)
B:ナース間の愚痴というよりも医師だったり、あと多いのは病院の体制についてはよく話題になります。
A:オペ室は特にですが、患者さんが寝ていることもあって接点は少ないですが、病棟ナースは家族との関わりが出てくるので。例えばちょっと細かいご家族のこととか、ここは気をつけようねとかはよく話しています。
C:ちょっと癖のあるファミリーの話はよくしていますね(笑)

ーー部署内でグループができることは?

A:グループとか明らかな派閥は無いです。同期同士で仲が良いくらいでしょうか。
B:30代が多いので、病院にはいいところも悪いところもあるというのがわかっている人が多いので。

昔は毎週のように飲みに行っていたこともあったそうですが、職場の年齢層によってコミュニケーションの取り方も大きく変わるようです。

■女心は複雑!…女性が多い看護師の職場、人間関係を築くコツは?

ーー圧倒的に女性が多い職場ですが、普段どんなことに気をつけていますか?

A:でしゃばりすぎないとか、目立つほどよくないから影に隠れようとか。
B:だいたい目立っていく人は叩かれて辞めることが多いから、同期とひっそりしようねって話していました。
C:仕事ができなくても叩かれるし、できすぎても叩かれる。それで苦しんでいる人を何回も見てきました。
A:そう、だから普通がいちばん。

ーーなるほど。

B:先生たちから変に仕事ができるナースって支持されてもいじめられるし、できなくてもいじめられる。女心って複雑よね、って思います(笑)
C:目立たない、中間層がいちばん。
A:男性はそれだけで目立つからね。
C:マイノリティだからね。以前の職場で、認定看護師を取得してから転職してきた人がいるんですけど、元々いたスタッフが敵対視して。さらに目立ったことをするから、余計に叩かれていたのを見たことがあります。

ーー具体的にどんなことがありましたか?

B:職場にもよりますが、感情を露わにする人が結構多くて。そんなに自分の感情で喋る?ってくらい感情的で。
C:男性からの視点からみれば、さっきまでそこにいた人がいなくなった途端に批判しはじめたのを見て、その切り替えがうまくて。悟られないようにできるところが女性特有だなと思いましたし、誰を信用していいのかわからなくなりました(笑)

ーー男性ナースが入ることで空気も変わりそうですね。

B:男性看護師が入ってくれたことでだいぶ雰囲気が柔らかくなったと思います。
A:できるナースマンだといいのですが、ちょとできないとひどい言われ方をすることもありますね。
B:一人が嫌うと、みんなも嫌うのでそれが怖いです。
C:ターゲットを作るところが悪いところだなって思います。
B:仕事だけの人生を送っている人だと陰口とかいじめとかがすごいんですけど、ママナースが多いと、雰囲気を柔らかくしてくれていますね。子供をみるような感じで(笑)

職場の雰囲気を柔らかくしてくれる人はありがたい存在。楽しく過ごせる工夫をするのも大切なです。

看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた

■スキルアップどころじゃなくなる…転職後まずはじめに気をつけたこと

ーー実際に転職をしてみて、はじめに気をつけたことは?

C:最初はその職場の雰囲気を探ります。結構、群れがあるので群れをまず把握して。こことここはNGなのね、と。
B:誰がボスなのか、ボスと対立している人も探します。自分がどこの群れに教えられることになるのかを把握する。
A:地雷はどこかとか(笑)
B:自然と察していく(笑)せっかく目標を持って転職してきても、人間関係が悪いとスキルアップも何もないですから。

ーーサバイバルですね。

A:働き方とか動き方で、この人はこういう人だなっていうのが、だいたい見えてきます。この人には近寄らないようにしようとか。
B:朝出勤して見て感じることもありますね。あれ?今日は心を閉ざしてる、今日は話すのをやめておこうとか(笑)

先輩たちは空気を読むことで馴染んでいったようです。これも快適な環境づくりには欠かせない工夫の一つです。

■院内待機がストレス!看護師ならではの悩み

ーー特にストレスを感じたのはどんな時でしたか?

C:とにかく院内待機がストレスでした!本当にそれが嫌で。
B:しかも二人で泊まらなきゃいけないとなると、二人だけって結構辛くて。
C:きついよね!
B:しかも昔いた病院はなぜか二段ベッドで。もう本当にイヤで(笑)
C:うわー!
A:やめて欲しい!
B:二段ベッドがすごくイヤでした。上に先輩が寝て、下は新人。朝、起きてガーって準備して、先輩まだ寝てるのかな〜って気にしながら。先輩はメイクをしてから出てくるけど、新人の時なんてすっぴんでした(笑)

ーー男女ペアの時は別ですか?

C:男女の時は「じゃあ戻りますんで」って別れられるんですけど、仲の悪い女性同士だと大変ですよね。
B:ずっと一緒なんですよ。ご飯も一緒に食べなきゃいけないし。
C:別行動とれば「感じ悪い!」ってなる(笑)
B:先輩の好きなお菓子とか買ってきて「食べましょうよ」って気をつかって。本当に胃が痛くなりました。
C:だったら仕事に入った方がいいよね。
B:先生たちがきてくれた方が助かる。
C:終われば「お疲れ!」って解散できるから(笑)

大勢ならば紛れることも、少人数になると見えてくることもあるようで、関係を良好にするための工夫を心がけていたのが印象的です。

看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた

■こんなにいい職場は他にない!師長さんに助けられたナースたち

ーードクターとの間で悩むこともありますか?

B:手術室では特にドクターとの距離が近いんですよね。
C:時々飲みに行って仕事の話をすることもあります。
B:先生と打ち解けるまでに、数年かかることもありますね。お互いがどういう人で、どれくらいのスキルがあるのかなど、
お互いのことを知るのに時間がかかるので、良好な関係が築くのに数年かかることもザラです。
A :しばらくはお客さんという感じですね。
B:だいたい2〜3年くらいでしょうか。それくらいになると、ようやく信じてもらえるという感じがしています。

ーードクターよりも、師長や主任との方が関係が深いと。

B:今は主任がいないので、現在は師長さんと直接やりとりすることが多いです。
A:ナースとの間をとり持つ人がいてもいいような感じもしますが。情に熱い人なので、忙しい中でも一生懸命ナースのことを思ってくれます。

ーー師長さんとの関係はかなり大切ですね。

A:飼っていたペットが亡くなったときに、普通だったら休みなんてもらるような理由ではないのに、師長さんが「あなたにとっては家族のようなもの」と真っ先に理解を示してくれて、シフトを調整してもらえたんです。それは精神的にもすごく助かりました。
B:あの時はスタッフもみんな協力的だったよね。
A:残業もあったのですが、「私がとるから」って代わりに入ってくれて。みんなにフォローしてもらいました。
C:そういう関係は本当に大事ですよね。
A:こんな職場は、他には絶対にないです。そんなこともあって師長さんにはずっとついていこうと思いました。
B:私も入院した時に「治療に専念して、復帰するのはいつでもいいから」と言ってくれて、お金の面でもちゃんとボーナスが出るように年休を調整してもらったんです。そんな人、絶対にいないですよ。今の職場では誰かしら師長さんのお世話になったエピソードがあるんですよ。

ーーもし師長さんが別の病院へ行くとしたら?

A:ついていけるなら、ついていきたいです。
B:いまいる半分以上のナースは師長さんがいるから続けているんです。たとえ、他の病院のお給料がどんなに良くても、この先を考えたらやっぱり師長さんがいい。
A:病院の体制や給与に不満もありますし、でもやっぱり最後に師長さんのことを思うとやっぱり踏み切れない。こんなにお世話になっているのに裏切れません。

人望のある師長さんに助けられた先輩ナースたち。思いやりに溢れる細やかなケアが心掴んで離さないようで、不満はあるにせよ、いまの職場に踏みとどまる大きな理由となっていました。

■ 看護師特有の悩みまとめ

女性が多い職場は楽しいこともたくさんある反面、関係づくりが難しいと感じる場面も多々あるようです。看護師特有の悩みについて、解決方法をまとめました。

・ まずは職場全体を見て、群れとボスを把握すべし!
・ でしゃばりすぎず、着実に仕事をこなすことで信頼を勝ち取ろう。
・ 受け身にならず、楽しく過ごすための工夫をしてみる。
・ 病院の体制や待遇よりも、信頼できる上司がいるかなどの環境にも目を向けてみる。

どこへ行っても人間関係の悩みはつきものですが、裏を返せばどこにでもあるものだと割り切って、悩みすぎないことも必要なことかもしれません。先輩ナースたちは円満な人間関係を築くために、小さな工夫を重ねていたのも印象的でした。

<看護師の座談会-関連コラム>

「転職サイトで定着率をチェックし、病院見学はマスト!転職活動のポイント」

「転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール」

「お金では解決しない環境が大切。転職前に師長の人柄を必ずチェックしよう!」

「クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル」

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    紹介実績No.1

    97%が満足

    年間10万人が利用

    提供会社 エス・エム・エス
    求人数 140,000~
    対応エリア 全国

    看護師転職の最大手、まず最初に登録

    ナース人材バンクは、東証一部上場企業の医療業界支援会社エス・エム・エス社が提供する看護師転職支援サービスです。年間10万人が利用し、その満足度は非常に高く、信頼のおける運営をしています。

おすすめ

  1. クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    看護師の仕事には、実は幅広い選択肢があります。病院かクリニック、訪問看…
  2. 年代ごとに重要なことも違う? 看護師が転職先を決めるためのポイント
    お金では解決しない環境が大切。転職前に師長の人柄を必ずチェックしよう!
    やっとの思いで転職したのに、いざ働いてみたらどうも合わない……。実際に…
  3. 転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    職場の人間関係や院内の労働環境、ルール、待遇……どの病院でも何かしらの…
  4. 看護師の転職には優先順位が大切!失敗しない転職のコツとは?
    転職サイトで定着率をチェックし、病院見学はマスト!転職活動のポイント
    病棟かオペ室か、診療科の選択に始まり、退職金や保育所などの待遇や福利厚…
  5. 薬剤師あるある その1
    薬剤師あるある その1
    ©ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web …