薬剤師として病院で働くにはどうしたらよい?

病院で働きたい!病院で働くとは?

 病院で薬剤師として働くということは、どのようなことなのでしょうか?少し前までは、外来患者に薬を処方することが病院での薬剤師の役割でした。しかし、現在では医療分業により院内ではなく調剤薬局での調剤が増えています。現在、病院内での薬剤師の業務は入院患者に対する服薬指導が主です。では、病院勤務の薬剤師の給料はどのくらいなのでしょうか?都市部で病院勤務の薬剤師の年収は、350万~400万円と言われています。病院のタイプでも年収や勤務時間の長短が異なりますので、希望する働き方に合わせて検討しましょう。

求人応募したい!病院薬剤師の現状とは?

 薬剤師の病院勤務は3つのタイプに分けることができます。急性期型病院、療養型病院と精神科病院の3つです。急性期型病院は患者の入れ代わりが激しいためスキルアップがのぞめます。療養型病院では比較的残業が少なく、精神科では精神科に関する知識を学べるなどメリットがそれぞれあります。病院薬剤師の求人の現状ですが、大学病院などの公的な病院や規模の大きい病院では、新卒採用が多く、中途採用の枠が少ない状況が見られます。なかでも医療法人などの系列は、倍率が高い傾向にあります。

病院で働く薬剤師のメリット

 病院で勤務する薬剤師は、調剤だけでなく患者に対する服薬指導という仕事を担っています。必然的に患者と接する機会も増え、直接向き合うことができるのです。そのため人とのコミュニケーションが得意な方や好きな方にはおすすめの形態です。さらに、病院勤務の薬剤師は、医者のカルテを共有することができます。患者の病状について、薬学的な観点だけでなく、医学的な観点に結び付けて考えることで、薬剤師としての知識を広めることが可能です。

病院勤務で気をつけること

 病院薬剤師は、やりがいのある仕事でもありますが、気をつけないといけない面もあります。転職後、こんなはずじゃなかったと思う前に、あらかじめ薬剤師の病院勤務の注意点について知っておきましょう。病院薬剤師は、病院内での仕事になるため、病院によっては夜勤がある場合があります。すべての病院が定時で帰れるとは限りません。また、病院の求人は新卒向けが多く、比較的転職者の倍率は高いのが特徴です。転職する場合は、あらかじめ倍率が高いということを認識しておき、計画的に転職活動を行うことが大切ですね。
 病院勤務の薬剤師は、他の業種で働く薬剤師と比べて年収は低い傾向にありますが、患者への指導や医師とのコミュニケーションなどのやりがいがある仕事です。薬学だけでなく、医学的な視点からの知識を培うこともできます。しかし、転職者にとって病院勤務の求人は比較的少ないため、転職を行う場合は、より計画的な転職計画を立て、未来設計までしっかり立てておくことが大切です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!