製薬企業で働く薬剤師に必要なスキル・能力

MRに求められる能力は主に3つ

 MR(Medical Representatives)は、製薬会社の「医薬情報担当者」のことを指します。MRの主な仕事は2つ。1つは自社の医薬品の普及、つまり一般企業で言うところの営業の仕事です。もう1つは、医薬品に関する情報を医療従事者に提供したり、医療機関でのデータを収集して会社や医療関係者にフィードバックする仕事です。
 
 MRに必要な能力には、①コミュニケーション能力、②自己管理力、③行動力などがあります。MRは医療従事者と話すのが仕事ですから、コミュニケーション能力に長けた人は大きな武器になるでしょう。また、MRは基本的に1人で仕事をこなす必要があります。と言っても、自分のペースで仕事を進められるわけでななく、相手に合わせたスケジュールを組み立てる必要があるため、自己管理能力も必要です。
 
 3つ目のMRに必要な行動力は、とにかく行動するということに尽きます。医療従事者と信頼関係を築くには、頻繁に訪問することが重要ですし、相手の要請があればすぐに行動することが求められるためです。

製薬企業の研究職はチームワークも必要

 製薬企業の研究職の仕事に向いているのは、どのような人でしょうか。
 
 まず、製薬企業の研究職は、薬の知識の他に生物学の知識や化学的な知識が必要となります。これらの知識は研究開発に役立つだけではなく、薬剤師としてのスキルアップにもつながります。また、調剤の仕事と同様に細かい作業や正確性が求められるため、緻密さや几帳面さが欠かせません。また、物事を地道にコツコツとこなすことができる人や忍耐力も研究職において必要になります。
 
 その他に、常に新しい情報を仕入れる情報収集力、仕入れた情報から必要な事項を探し出すための分析力なども研究職において大きなプラスとなるでしょう。そして、企業における研究開発で大きな要素となるのは、チームワークです。プロジェクトは一人で行うのではなく、チームで遂行するものが多くあります。したがって、周囲の人と協力する姿勢や、目的を達成するために一人ひとりが力を発揮するチームワークが不可欠なのです。

企業の管理薬剤師は幅広いスキルが必要

 製薬会社の管理薬剤師の仕事には、薬事申請業務や行政対応、医薬品の在庫管理や品質管理、医薬品の情報の管理・提供を行うDI業務や問い合わせ対応、MRの教育研修など多岐にわたります。したがって。これらの仕事をこなすには幅広いスキルが必要となってきます。
 
 管理薬剤師は自社製品を熟知しておくのはもちろん、一般的な専門知識も幅広く習得しておく必要があります。また、莫大な情報を扱わなければならないため、情報を整理・管理する能力や、必要な情報を的確に提供するスキルも求められます。医薬品や情報を管理する製薬会社の管理薬剤師は、会社の生命線にも関わる非常に重要なポジションといえます。そのため、責任感や自覚を持って仕事をすることが重要になってきます。
 薬剤師が製薬企業で仕事をする場合に必要な能力や適性について述べてきましたが、これらの能力がないと製薬会社での仕事ができない、というわけではありません。大切なのは、どのような能力が必要かを知ることです。必要な能力を知ることで、強みを生かすこともできますし、足りない部分をカバーすることもできるようになるのです。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!