子供の夢は看護師さん!未来の仕事につながる教育方法とは

方法1.看護師は気持ちが大事、心を磨く交流を

 看護師を目指すのであれば「思いやり」や「お世話好き」な心を育ててあげることが子供を夢に向かわせる原動力につながります。お年寄りや体の不自由な方、動物や自分よりも小さな子供と積極的に交流を持つ機会を与えてあげましょう。同年代の友達とは違う世代の人との関わりを通じて、自分とは違う環境の人に対する想像力が育まれます。家族内でも誰かが寝込んでいる時などは看病やお世話を一緒にすることで子供は自然と「お世話する能力」を身に着けることができるでしょう。

方法2.高校生までは親が子供に夢を押し付けない

 幼い子供が「看護師さんになりたい!」という夢を抱いて親御さんが応援するのは自然なことです。しかし進路を決める高校2年生までは「あなたは看護師になるのよ!」なんて夢を押し付けてしまってはいけません。看護師は自分の意志で「なりたい!」と思わなければ決して成り立たない仕事です。人に言われて仕方なく「患者さんをお世話する仕事」に就くものではありません。進路を決める高校2年生まではそっと見守ってあげましょう。

方法3.看護師の仕事現場を見せてあげよう

 子供が夢を叶えるためには「将来の自分を強くイメージできること」が鉄則です。実際に働いている看護師さんの姿を目の当たりにすることで将来の自分の姿を重ねてより強く「夢を叶えたい!」という意欲がわいてくるのです。病院やクリニックに通う際には子供も一緒に連れていきましょう。実際にケガや病気をした時に病院でお世話になるにしても、看護師さんの働きぶりに触れて感謝の心を持つと同時に憧れの存在になるのです。親が看護師さんに感謝をする姿を見て子供も同じように感じるということを覚えておきましょう。

方法4.進路は子供の気持ちに合った方法を勧めよう

 いよいよ進路を決める高校生になったら「待ってました!」とばかりに看護大学の資料を取り寄せてプレッシャーを与えてしまってはいけません。子供のその時の「気持ちの度合い」に合わせた進路先を提示してあげましょう。高校を卒業しなくても准看護師養成所に通うことも可能です。看護師免許を取得するまでの道は看護師学校、看護短大、養成所などさまざまな選択肢があります。子供の歩幅と気持ちに合った進路を一緒に選んであげましょう。
 子供の夢は親御さんの生き甲斐でもあります。特に「看護師」という立派な夢を口にする子供を精一杯応援したくなるのは当然のことです。しかし看護師という仕事は無理に押し付けられてなるものではありません。優しく豊かな心を育むことに焦点を合わせて一緒に看護師の夢を目指しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!