薬剤師が医薬情報担当者として働くには

薬剤師が医薬情報担当者として生かせるスキル

 MRと呼ばれる医薬情報担当者は、クリニックや病院などの医療機関をまわって、自社の医薬品の採用を促すため、医師などの医療関係者に医薬品の情報提供を行う仕事です。営業色の強い仕事ですが、製薬業界では贈答品や接待を制約するといった自主規制が設けられているため、他業種の営業とはやや趣が異なります。また卸価格の交渉は医薬情報担当者が行わず、MSという医薬品卸売の営業担当者が担うため、価格交渉などは行いません。医薬情報担当者の本来の仕事である医薬品に関する情報提供が重視される傾向となったため、薬剤師から医薬情報担当者への転職が有利となる流れになっています。

製薬企業のほかに、CSOという選択肢もあり

 医薬情報担当者は、製薬企業に所属するほかに、CSOという医薬情報担当者業務のアウトソーシングを行う企業での採用が増えています。CSOは、製薬会社の医薬情報担当者業務の一部をスタッフの派遣、あるいは請負という形で担う業態です。CSOに所属する医薬情報担当は、コントラクトMRと呼ばれ、CSOと正社員または契約社員として、雇用契約を結んでいます。派遣の場合も請負の場合も、製薬企業でその企業の名刺を持って仕事をします。2~3年で一つの製薬企業を担当して、異動するのが一般的です。医薬情報担当者としての経験がない場合、まずはCSOに転職し、さらに製薬企業への転職を目指す方法もあります。また、製薬企業の新薬に関わる医薬情報担当者は、新薬を扱った経験のある人の採用がほとんどですが、CSOでは研修を行った後、新薬のプロジェクトへ配属が行われる可能性があります。また、未経験者でも、オンコロジー領域の研修を受けて、がん治療分野の専門性のある医薬情報担当者になる機会を得られるかもしれません。CSOでの勤務によって、製薬企業への転職では就くことが難しい業務に携われる可能性もあります。

MR認定資格とは、どんなもの?

 医薬情報担当者は、医師に医薬品の適切な医療情報を伝えられるだけの専門知識が求められます。MR認定試験は、公益財団法人MR認定センターが行っています。MRは資格がなければできない仕事ではありませんが、医薬情報担当者として働く人にとって実質的には必須資格です。医薬品情報、疾病と治療、医薬概論の3科目があり、薬剤師は医師、看護師ともに医薬品情報、疾病と治療の科目は免除されます。製薬企業かCSOに所属する人は、所属先で導入教育を受講することで、受験資格が得られます。まだ企業に属していない方は、MR認定センターの教育研修施設で基礎教育を受講し、修了認定を得ることで受験資格が得られます。実際にMRとして登録できるのは、製薬企業やCSO入社し、実務教育と実務経験を受けるなどの条件がありますが、医薬情報担当者としての転職を考える人は、認定資格の取得を考えてみましょう。
 医薬情報担当者は、医薬品の知識が生かせることから、薬剤師からの転職が比較的しやすい職種です。薬剤師から医薬情報担当者に転職を考えている方は、製薬企業にこだわらず、まずはCSOも視野に入れて、転職活動を行いましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!