薬剤師の地域別給与ランキング

意外な県がランクイン 高給ランキング

 まずは気になる平均年収ランキングですが、第一位は、山口県で691万円、そして二位は秋田県で634万円、第三位は鳥取県で633万円となっています。三位までに首都圏エリアが一つも入ってこないのは意外な感じがしますね。また上位によくランクインする地域としては、大分県や山形県、青森県があります。そして最も低いのが香川県で383万円となっていて、 それに続いて岡山県が392万円、栃木県が411万円と一位の山口県と大きな開きがあります。ちなみにどの職種でも年収が高い地域である東京都の平均が460万円とどちらかというと、ランキングでは下位のほうに位置しています。また神奈川県が451万円、大阪府も451万円となっており、大都市の年収は、1位の山口県と200万円以上も低くなっているのです。一般的な職種の平均年収とは同じような動きはしていないことがわかります。

薬剤師は地方のほうが有利なのか?

 三県とも一般の平均年収ランキングでは、決して上位には来ません。さらに東京は一般企業では年収も他の地域に比べると年収が高くなるのですが、薬剤師では低い方にランクイン。ではこのからくりはどうなっているのかというと、薬剤師の数が年収に結びついているのです。つまり上位にある県は、地域の中で薬剤師の数が少ないため、薬剤師を確保しにくくなり高収入になっているのです。東京都では11校も薬学部のある大学があり、全国の薬学部が50校あるので、そう考えると東京の薬剤師は飽和状態になっているのです。
 
 逆に薬学部が県内にないのが、秋田県、山形県、茨城県、山梨県、福井県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、山口県、高知県、佐賀県、大分県、鹿児島県、沖縄県となっています。 その中で上位ランキングに入っているのが、秋田県、島根県、大分県、鳥取県、山形県となりその相関関係がはっきりしますね。

地元就職も年収アップにつながりやすい

 以上のことを考えてみると、薬剤師として働くのであれば、薬学部がある地域で大学時代を過ごして、就職する際にUターン就職をするというのも賢い選択になります。特に実家が年収ランキング上位に入っている方は、大きなチャンスです。
 
 仕事をしていく中でずっと首都圏で働き続けるよりも、いずれのタイミングで地元に帰りたいと考える人も少なくありません。しかし大都市圏の方が求人もあり、収入も高いので、そのような条件を鑑みて首都圏で仕事をしたり生活をしたりするというライフスタイルを選択する人も少なくありません。しかし子育てをしたり親の介護をしたりという生活の変化を考えると、自分の出身地で仕事や生活ができれば安心感もあります。また大都市で子育てではなく自然の多いところで子育てをしたいと考える人もいるかと思います。薬剤師であれば、大都市圏でなくても高収入を得ることができて、生活ができるのです。このような有利な条件で働けるのは、薬剤師ならでは。このメリットを生かすためにも、ご自身の出身の地域や自分が住んでみたいと考えている場所の平均年収を調べてみたり、求人情報を見てみたりしてはいかがでしょうか。
 首都圏=高収入というのが一般的な職種で当てはまることですが、薬剤師はそうではありませんでしたね。この特殊性と自分のライフスタイルを組み合わせると働き方の幅も広がりそうです。この薬剤師独特の働きやすさをぜひ生かしてみてください。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!