薬剤師が離婚を機に転職・復職しやすい勤務先とは

シングルマザーにとって、保育先の確保は必須

 離婚を機に復職や転職を考える場合には、生活費のことを考えてより多くの収入を得ることを目的とするケースと、シングルマザーとして子どもを預けながら働きやすい環境を求めるケースが想定されます。子どもの年齢や自分の両親などからサポートが得られるかどうかによって、離婚を機に転職や復職を考える薬剤師に適した職場は変わってきます。子どもが未就園児から小学生の場合には、子どもの保育環境をどう確保して働くかに重点をおいて考えましょう。

子どもを預けて働きやすい大規模病院

 子どもを預けながら働きやすい勤務先は、規模の大きな病院の薬剤部です。病院の規模によっては、院内保育室があっても看護師のみ利用に限定しているケースが見られますが、規模の大きな病院では薬剤師を含めた職員の子どもが利用できます。病院勤務では夜勤もありますが、24時間対応の保育室を併設していることもありますので検討してみましょう。ただし病院勤務の薬剤師の仕事は、内服薬のみならず、注射剤、点滴薬の調剤業務と多岐に渡り、入院患者への服薬指導を行うこともあります。病院勤務は人気があることもあり、ブランク明けの人が病院勤務未経験で就くのは難しいでしょう。また、院内保育室を利用できない医療施設を就業先とする場合、夜勤がある日には保育をする人の確保の問題が生じます。

残業が少なく負担の少ない調剤薬局

 調剤薬局は比較的残業が少なく、病院とは違い夜勤がないことから、認可保育園などの保育施設に預けて働きやすい勤務先です。調剤薬局に転職すると土曜日も出勤となるケースが大半ですが、認可保育園では土曜日も保育を行う体勢がとられているところもあります。周囲の協力が得られず、1人で仕事と育児を両立させる場合、未就学児のお子様に関しては認可保育園に預けられれば問題なく働けます。小学生のお子様がいる場合も、学童の時間内に仕事を終えられる薬局が大半なので安心です。ただし、子どもの急な病気によって、急に仕事を休まなければならないことも考えられますので、スタッフの数が少ない小規模の薬局での勤務は難しいかもしれません。大手の調剤薬局チェーンでは、復職支援プログラムが設けられるなどの教育システムが充実しているところが多く、ブランク明けでも働きやすい傾向にあります。また、取り扱う医薬品の数が多い総合病院の門前薬局よりも、単科クリニックの門前薬局の方がブランク明けの薬剤師には負担が少ないようです。

金銭面を考慮するならMR

 生活費や養育費を確保するためにより多くの収入が必要であり、両親など周囲のサポートが得られるのであれば、製薬企業などで働くMRも検討してみましょう。MRは給料がいい反面、残業が多く、土曜日が講演会などで仕事になるケースも多いため、激務となりがちです。保育園や学童の送迎を自分1人でこなすのはやや無理があります。自分の両親などに子どもの送迎や食事の世話など協力を依頼できるのなら、MRも選択肢に含めてもいいでしょう。ただし、MRは薬剤師としての医薬品の知識は生かせるものの、薬剤師とは違う高度なビジネススキルが求められる仕事です。向き不向きもありますので、まずは転職エージェントに相談してみましょう。
 離婚を機に転職や復職をして環境が変わると、自分自身だけではなく、子どもへも負担がかかりがちです。平日に忙しい日々を送っていても、休日にはゆっくりと話に耳を傾けるなど、積極的にコミュニケーションをとるように心掛けましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!