人には言えない薬剤師が職場を辞める本音と建前

転職する薬剤師、何故次々に職場を変えるのでしょう?

 薬剤師と言えば、医療関係の給料が良い職業です。しかし、職場に不満があり、転職したいと仕事を辞める薬剤師は後を絶ちません。
 
 そんな薬剤師の転職理由として挙げられることが多いのは、「給料が低い・仕事が合わない・休みがない・人間関係のトラブル」などで、他の職業における転職理由とあまり変わりありません。
 
 これだけ見ると薬剤師特有の転職理由があるわけではないようにも見えますが、そうではありません。薬を扱う職場だからこそ起こりうる特有の事情があったのです。

薬剤師が職場を辞める本当の理由

 薬は病院に限らず市販品も多く出回り、人々の日常生活に無くてはならないものです。だからこそ、その使用法に間違いがあってはいけません。薬の使用に関する適切な指導をするため、日本中どこの薬局にも病院にも必ず薬剤師が常駐する様になっています。ところが、薬剤師になるためには大学でしっかりと薬学に着いて学び、薬剤師資格を持っていなければ薬剤師として働くことはできません。
 
 そのため、薬剤師は慢性的に人手不足で仕事量が多くなることが多いのです。さらに、薬局で薬以外の製品を扱う機会が増えてくるにつれ、薬と関係のない業務をする場合もあります。こうなってくると当然、「給料に見合っていない」とか、「休みが少ない」という不満につながってきます。
 
 また、専門職という特性上、薬局では店長やアルバイト、病院では医師や看護師の間に挟まれることも多く、人間関係のトラブルも絶えません。職場によっては「激務で人間関係が複雑」になることがあるのです。

仕事がキツイとは言えない薬剤師の建前

 薬剤師の求人に応募して面接を受けようとする時に、「仕事がキツいのは嫌です」とか、「人間関係の穏やかな所が良い」などと主張してしまっては、受かる面接も受かりません。実際には、本音を隠して建前を述べることが多いです。
 
 例えば、スキルと給料には相関性があることを利用し、給料アップを狙っているなら「スキルアップがしたい」と言うことができます。また、仕事がキツいなら「落ち着いて仕事をしたい」と言うと随分と雰囲気が柔らかくなります。
 
 また、人間関係については隠してしまえばいい事ですが、「自分なりの仕事に対する考え」というのを主張することで、価値観の相違などのように言い換えることもできるのです。このように言いにくいことであれば、言いやすい形に言い換えて転職理由とすることがスムーズな転職のコツといえます。
 就職や転職と言った人生の転機では、誰しも本音と建前を使い分けるものですが、それは薬剤師であっても例外ではありません。
 
 薬剤師の複雑な職場環境で出てくる不満は一つや二つではないでしょう。職場を変えれば必ずそれが無くなるわけではなくとも、変えなければ現状より良くなることもないでしょう。そのために、自分自身の退職理由を見つめなおして、響きの良い言葉に変える必要もあります。
 
 まったくの嘘でなければ、建前と言うのは悪いものではありません。雇う側と雇われる側が気持ちよく仕事するために大切なものなのです。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!