薬剤師になる最短のルートとは

薬剤師になりたい!最短のルートとは?

 2006年以降、薬学部は4年制と6年生の2つに分けられました。それでは、最短で薬剤師になるルートとはどのようなものなのでしょうか?現在、法律が改正され、4年制課程では一部例外もありますが、薬剤師になるための薬剤師国家試験を受ける資格を得られません。薬学部の6年制課程を卒業することで、はじめて薬剤師国家試験を受ける資格を与えられます。現在の日本で、一から勉強して薬剤師になろうと思うのであれば、最低でも6年間が必要です。薬剤師になるための最短コースは、大学の薬学部に入学し、6年制課程を終了後、薬剤師国家試験を受けて合格するということになります。医学を扱うものとしての責任が問われますので、相応の学習時間が必要なのです。

薬学部へ編入したい!最短コースは?

 現在他の学部に通っている方や、既に社会人として働いている方で薬剤師として働きたいという方もいらっしゃるでしょう。すぐに薬剤師になることはできませんが、条件がそろえば薬学部への編入が可能です。私立大学をはじめとしていくつかの大学は薬学部への編入が可能で、薬学部に数年在籍したことがある方はもちろん、大学や工業高等専門学校などを卒業した方であれば、薬学部の2年次や3年次に編入できる可能性があります。さらに、過去に薬学部へ3年以上在籍していれば4年次への編入も可能です。編入することで学習期間が1年から3年ほど縮めることができます。募集要項や試験内容は大学ごとで異なるので、事前によく確認しましょう。

日本で勉強していなくても薬剤師になれる!

 日本で薬剤師になるには、6年制課程を修了または、編入して薬学部を修了することが必要ですが、薬学部の学習は日本のみに限られるのでしょうか?外国に留学などをして薬学を学んだ場合はどうなるのでしょう。また一から日本の大学に入って薬学を学ぶ必要があるのでしょうか?国家資格である薬剤師国家試験を管理している厚生労働省が発表している受験資格には、外国で薬学部を卒業した人や薬剤師免許を取得した人で認定された人は受験資格があると記載されています。外国で薬学部を卒業したり、免許を取得した場合は、日本の薬学校に入りなおす必要はないということです。他の国で、薬学を勉強することも可能だということですね。
 薬剤師は、医者などと共に医療を担う、責任のある職業です。残念ながら、責任がともなう仕事である以上、短期間ですぐに薬剤師の資格を得ることはできません。相応の勉強や努力が必要になります。しっかりと薬学の知識を育み、実践に移せる能力をつけることが薬剤師になるための近道なのです。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!