ITスキルで薬剤師としてのキャリアアップを図れるか

そもそもITスキルとは?

 ITスキルと聞くとなんだか難しいイメージを持つ方もいらっしゃるかと思います。そもそもITスキルとは何を指すのでしょうか?ITスキルは、なにもプログラムを組み立ててソフトウエアを作るなど高度な技術に限られたものではありません。パソコンスキル全般の意味を表します。文書作成ソフトや表計算ソフトを使ったちょっとした事務作業も立派なITスキルです。IT専門ではない一般的な職場で求められるのは、パソコンを操作でき、ソフトを活用できるという程度のスキルと考えてよいでしょう。

薬剤師とITスキルは関係あるの?

 薬剤師業務を行う上で、ITスキルはどのように関係してくるのでしょうか?例えば調剤薬局の例を挙げると、患者さん一人ひとりのデータを紙で保存しておくと膨大な紙の量になってしまいます。さらに、膨大な紙の中から必要なデータを探し出すことは大変です。現在、多くの調剤薬局などではパソコンで管理できるシステムを導入しています。パソコンで管理することにより、保管場所に悩むこともなく、効率的に必要なデータを取り出すことができるからです。パソコンで管理を行うということは、少なからず患者のデータを参照したり、更新したりする際にパソコンに触れる機会があるということです。ここで、パソコンについて多少の知識があるとスムーズに業務を進めていくことができます。

ITスキルを生かしたキャリアアップ

 ITスキルを生かして、薬剤師としてキャリアアップは臨めるのでしょうか?現在薬剤師の業務は、パソコンを使った管理なども業務の一環として行われています。パソコンの知識を生かして、業務の効率化などを図ることが可能です。さらに、転職の際にもITスキルは注目されるスキルの一つです。転職で他の会社に応募する際に、ITスキルがあるかないかで印象が変わってきます。高度なITスキルは必要ありませんが、事務作業などに必要な簡単なITスキルは身につけておきたいものですね。

独立も目指せる!?

 薬剤師として薬局を開いたりなど、独立を考える場合は薬剤師であることと同時に経営者になるという必要もあります。独立すれば、薬学に関する知識だけでなく、経営の知識も必要になってきます。経営に関わるスキルとしてITスキルは重要なものです。情報収集や売り上げの管理など一部の業務は、ITスキルを生かすことによって効率よく行うことができます。特に、少人数などで開業する場合などは、自分で事務作業を行う可能性を考慮して、ITスキルを身につけておくと良いでしょう。
 薬剤師の業務において、ITスキルは日常の業務に欠かすことのできないスキルになってきます。さらに、ITスキルを生かすことで、業務が効率化され、キャリアアップにもつながるので、ぜひ習得しておきたいスキルです。これから先、新しい技術が導入される可能性も考えて、日々ITスキルを磨いておくことも大切ですね。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!