大学病院勤務の医師としてのやりがい

主な業務~診療~

 大学病院で働く医師の主な業務のひとつは臨床、いわゆる診療活動です。
 
 外来診療を担当する場合は、一般的には週に1回程度、半日から場合によっては丸一日の外来診察を行います。大学病院は、地域にある他病院からの紹介患者を受け入れています。したがって、所属する課や医師数にもよりますが、大学病院の外来には多くの患者が来院します。いかに効率よく診察を行うかということと、患者の話にしっかり耳を傾けることの両立が要求されます。
 
 そのほかに、入院診療業務にも携わります。入院診療では、年齢などの理由で一部の医師を除いて、当直業務があります。当直は当番制になっていることが多く、医師が無理なく勤務できるよう考慮されています。大学病院内での診療のほかに、外勤業務もあります。各診療科の医局で外勤先の枠を確保しており、平均で週1~2日の外勤が割り当てられます。

主な業務~研究~

 大学病院では、診療に加えて、研究も医師の大切な業務のひとつです。
 
 臨床研究は、患者のさまざまデータ収集して、それをもとに進められます。患者についてのカンファレンスや症例研究会を定期的に行い、論文作成のための情報を集めることが可能です。
 
 基礎研究を進める場合は、大学病院に併設されることが多い大学において、基礎実験業務を進めていきます。医師本人が実験を行うことは、時間的に難しいところがあり、大変なことです。したがって、大学病院や医局にはたいてい秘書がおり、秘書が実験を担当し、医師が実験データをまとめ、論文を作成することもあります。

主な業務~教育~

 大学病院は、医師を育成する役割を担っています。教育に関する業務があることが、大学病院勤務の特徴でしょう。
 
 大学病院に勤務する教授、准教授、講師、助教職の医師は、大学の教員でもあります、したがって、大学医学部の講義を担当します。講義前には、講義用スライドや学生に配布する資料作成などの業務が発生します。
 
 また、大学病院内においての病院実習の指導も担当します。外来診察の際に研修医を同席させ診察を見学させたり、病棟研修で研修医の指導を行います。

やりがいやメリットは?

 大学病院で医師として働くことのやりがいは、高度な医療技術や先端医療に触れる機会が多いことでしょう。大学病院は、主に先端医療の推進が重要な目的として運営されています。最新の医療設備や施設をもつ大学病院も多く、新しい医療技術を学び、経験を積みたい医師にとっては格好の職場となるでしょう。
 
 また、働きながら博士号を目指したり、研究を進めたい医師にもおすすめの職場です。診療業務に携わりながら、隣接している大学や研究施設で基礎研究を行ったり、講義にも参加しやすいところが魅力です。大学病院は、仕事と勉強の両立が可能な職場といえるでしょう。
 医師として働く場所は、大学病院以外にも多数あります。しかし大学病院では、診療業務を行いながら、高度な医療技術に触れることができ、研究環境も整った環境です。医師としての経験を積みながら、研究も行っていきたい方はやりがいを感じられるでしょう。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!