看護師が知っておきたい求人広告サイトの特徴

求人広告サイトってなに

 求人広告サイトとは、インターネット上で病院やクリニックなどの求人情報を掲載しているサイトのことです。このような求人広告サイトに掲載している病院やクリニックなどの施設は、求人広告サイトへ広告料を支払っているのが一般的です。そのため、ある程度経営状況が安定している病院やクリニックが多いという特徴があります。
 
 求人広告サイトへの広告料については、「前払い」と「採用成功報酬課金」というふたつがあります。「前払い」では、病院側が情報を掲載する前に広告料を支払う制度です。一方、「採用成功報酬課金」では、その求人広告サイトを通して採用が決定した場合に報酬が発生するという仕組みになっています。どちらの仕組みをとっているかによって、応募したときの採用されやすさが若干変わってくる場合があります。
 
 求人広告サイトは、コンビニエンスストアや書店などで売られている求人情報誌のインターネット版のようなものですから、求人情報を得たい人にとっては大いに活用したいもののひとつです。また、インターネットでは簡単に求人情報をみることができるので、在職中で転職を考えているような忙しい看護師には手軽に閲覧できて便利です。

求人広告サイトを利用することで得られるメリット

 求人広告サイトは、手軽に求人情報を知ることができる以外にもメリットがあります。例えば、ハローワークや求人情報誌などでは掲載できる情報が限られていますが、インターネット上にはいろいろな情報をのせることができます。そのため、病院やクリニックの写真やクチコミ情報などが豊富です。特に、実際に働いている看護師のコメントを閲覧することもできるので、より具体的な情報を得ることができます。実際に働いている人の声は、転職先を考える看護師にとって貴重な情報です。これらのことから転職先を探す情報源としては、便利で使い勝手が良いといえます。
 
 加えて、「前払い」で広告料を支払っている病院の場合、採用されやすい場合があります。病院側は広告料をすでに支払っているため、採用しなければ損という心理が働きやすいためです。

求人広告サイトを利用する際のデメリット

 一方、求人広告サイトにもデメリットはあります。それは、ネガティブな情報が少ないということです。求人広告サイトに載せられている情報は、病院やクリニックが広告料を支払っているものです。そのため、掲載されている病院やクリニックに不利となるような情報は、なるべく載せないようにしています。写真はプロに頼むなどしてきれいに撮影し、実際に働いている人のコメントも良いことを中心にかかれています。もちろん嘘の情報を掲載することはほとんどありませんが、すべての情報を開示しているというわけではありません。病院側としては、看護師を雇うために広告料を支払ってまで求人を募集しているので、なるべく多くの看護師に興味を持ってもらえるよう努めていることを知っておきましょう。

求人広告サイトを利用した際の転職

 メリットとデメリットのある求人広告サイトですが、求人広告サイトを通じて転職した場合には、直接自分でやりとりをしていくこととなります。気になる求人を見つけた場合、病院やクリニックへの応募は求人広告サイトを通して行います。しかし、その後、面接などの就職試験の日程調整をはじめ、給与や勤務形態などの交渉については、自分で行っていかなければいけません。そのため、在職中で転職先を探しているような場合には、負担がかかってしまうこともあります。一方、仲介者がいないので話がスムーズにまとまりやすいという特徴ももっています。
 手軽にたくさんの情報を得ることのできる求人広告サイトですが、ネガティブな情報が掲載されていないという特徴があります。転職の際は、良い点と悪い点を総合的にみていく必要があるため、注意が必要です。また、病院とは直接やりとりを行っていかなければいけないということも覚えておきましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!