4月1日
大豆を食べて、記憶力を上げよう

大豆は、「畑の肉」といわれるぐらい私たちにとって重要なタンパク質を豊富に含んでいます。ビタミン、鉄分、カルシウムなど…栄養のバランスも非常によいです!特に大豆の成分で注目したいのが、「レシチン」という成分です。レシチンは、細胞の中に栄養や酸素をとり入れたり、老廃物を外に排出する役割をもっています。さらには、脳へ情報を届けるのに必要な物質も含んでおり、記憶力や学習能力をグングン上げていくこともできるんですよ!でも、多くの現代人はレシチンが不足していて、集中力が衰えている方も多いのだとか…最近、記憶力が衰えてきた…という方は、レシチン不足かもしれませんね!!お豆腐や納豆、それからじっくり煮込んだ大豆をサラダに使うなどして、ぜひ積極的に摂るようにしてみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2006年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。