4月3日
海草を食べて、生活習慣病を予防しよう

わかめ、もずく、のりなど…海草は多くの生活習慣病を予防するはたらきがあります。例えば、わかめ、もずくに含まれるアルギン酸という食物繊維は、余分なコレステロールを取り込んで排出したり、がん細胞に負けない強いカラダをつくります。まさに、現代人の救世主ですね!ただ、海草を取ることによるこの力は、摂取後せいぜい3〜4日にしか持続できないんです。ですから、毎日、もしくは1日おきに少しずつ摂るなどして、食生活を工夫してみてくださいね。また、わかめ、もずくなどは、酢のものにしてあげるといいです。酢の力で食物繊維が柔らかくなるので、有効成分の吸収が非常に良くなりますよ。

前へ

バックナンバー

2006年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。