4月4日
ため息をついたら、深呼吸にしてしまおう

ローズヒップさんからの投稿です!→〜ため息をついても、いい事ないです。それを吸って吐いて、ため息をなかったことにしましょう。深呼吸は、いつでもどこでもできるリラックス方法です。また、現代人は、酸素を吸う機会が減っていて、女性なんかは、そのせいで代謝を鈍らせ、冷え性になったりもするそうです。思い切り、鼻から吸って、口から吐きましょう。〜 (編集部)そうですよね!呼吸が浅いと、どうしても酸素をカラダにたくさん取り入れることができず、体の代謝を悪くしてしまいます。カラダの老廃物をだす、脂肪を燃焼する、これらは全て酸素があってできることですね。ですから、ついストレスが溜まってため息が出そうな時には、大きな深呼吸に切り替えてみる!これで心もカラダも、前向きにリラックスすることができますね!皆さんも、ちょっとの休憩時間に、ぜひ深呼吸を活用されてみてくださいね!ローズヒップさん!ご投稿ありがとうございました。

前へ

バックナンバー

2006年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。