4月8日
朝の果物は金、夜は鉛

ハンドルネームwakoさんからの投稿です! →<健康診断のたびに、甘いものは少し控えめにといつものコメント。りんごが大好きな私は、朝はもちろん、夜もついつい食後にくだものを食べてしまいます。朝は金・昼は銀・夜は銅と言われていますが、夜は鉛との説もあります> (編集部)そうですね!果物は食べる時間によって体への働きが全く違います。果物には糖分がたくさん含まれていますが、「エネルギーとしてすぐ使われる糖分」と 「代謝しきれずに脂肪として蓄えられてしまう糖分」の2つに分かれます。それで、朝や昼など、カラダが活動的なときには、「エネルギーとしてすぐ使われる糖分」に回されることが多く、夜の休んでいる時に摂ると、カラダが活動していない分、代謝しきれずに、脂肪として蓄積される糖分が多くなるんです。ですから、果物を摂るときには、夜に摂るよりも、朝や昼に多く摂るようにすると、太りにくくもなりますよ!

前へ

バックナンバー

2006年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。