6月16日
15分蒸らしたご飯に、納豆をかけよう

皆さん!炊きたてのアツアツのご飯に、納豆をかけていませんか?実はそのような食べ方をしていると、納豆の血液サラサラ効果を減らしてしまっているかもしれません。納豆には、血液をサラサラにする「ナットウキナーゼ」という酵素が含まれています。この酵素は60℃を超えてしまうと活動できなくなってしまうために、熱いスープに入れたり、火を通してしまうと納豆効果が消してしまうんです。それは熱いご飯の上でも同じで、炊きたてのご飯は約80℃ありますから、納豆の酵素のはたらきが悪くなってしまいます。ですから、炊きたてではなくて、15分ぐらい蒸らしたごはんの上にのせると、健康にも効果を発揮することができますよ!

前へ

バックナンバー

2006年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。