7月19日
たんこぶが、頭にできやすい理由を知ろう

なぜか「頭」にだけたんこぶはできやすく、「うで」や「太もも」にはできにくいですよね。頭には、たんこぶのできやすい環境と理由があるんです。たんこぶは、血管が切れたときに、皮膚の下で「血液」が溜まってしまった状態をいいます。うでや太もものように、柔らかい脂肪や筋肉で覆われていれば、血管も切れにくいので、たんこぶもできません。でも、頭にはやわらかい筋肉が少なく、すぐ下には硬い骨があります。ですから、ぶつけた時にプツッと血管が切れやすく、たんこぶもできやすい、ということなんですね。

前へ

バックナンバー

2006年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。