8月13日
冷たいもので、お腹が痛くなる理由を知ろう

冷たいものを急に食べ過ぎると、キュルキュルキュルとお腹が痛み出します。これは、胃腸を動かす神経や筋肉が弱ってしまうために、正常に働くことができなくなって起こります。消化など、内臓の働きは酵素(こうそ)が分泌されることで保たれています。でも、冷えすぎて酵素が出せなくなると、消化をする力もなくなりお腹を痛めてしまうわけです。夏場の冷えたものの食べすぎには、十分注意しましょうね!

前へ

バックナンバー

2006年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。