8月24日
ゆで卵の黄身が、黒緑色になる秘密を知ろう

ゆで卵を食べる時、なぜか「黄身の周り」だけ黒くなっていることってありますよね!特に何もしていないのに、なぜか黒い…変色しているので、傷んでいるのかな…と思いがちです。この変色は、「硫化第一鉄(りゆうかだいいちてつ)」という物質なんです。卵白には、アミノ酸が豊富に含まれていて、その中の「シスチン」という物質を加熱させると「硫化水素」を生み出します。そして卵黄には鉄がたくさん含まれていて、その「鉄」と「硫化水素」が結びついて、硫化第一鉄という物質ができるんですね。 だから、白身と黄身の触れる場所だけ、黒くなっているんです。この変色は、ゆですぎないことで防ぐ事ができます!!熱湯で12〜15分ぐらいなら、変色せずにできることが多いですよ!色が気になる方は、ちょっと時間に注意してみてくださいね!

前へ

バックナンバー

2006年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。