9月22日
唾液のアルカリで、虫歯を予防しよう

「虫歯」は、繁殖した虫歯菌が出す「酸」により、歯の表面が溶けてしまうために起こります。しかもその時に、一緒に神経までやられてしまうために、どうしても激しい痛みを感じてしまうのですね。でも、しっかり食事で「噛む」ことを意識すると、虫歯のもとである「酸」を中和することができます!!私たちの唾液(だえき)はアルカリ性なので、例え虫歯菌がたくさん酸を出したとしても、打ち消すことができるんですね。ですから、良く噛むという基本をもう一度振り返って、毎日の習慣にすることをお勧めしますよ!

前へ

バックナンバー

2006年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。