10月4日
タマゴの黄身と白身の違いをしろう

タンパク質が豊富な卵を、毎日食べている!そのような方も多いと思います。ゆで卵を電子レンジで簡単に作らたら便利!!とお考えの方はいらっしゃいませんか。でも、タマゴをレンジにかけると大爆発してしまいます!実は、タマゴの黄身と白身は「固まる温度」が違うために、黄身だけが先に膨張してしまうんです。黄身が固まる温度は65度〜70度、それに比べて、白身は70度になってようやくドロドロになり、80度にならなければ完全には固まりません。そのため、お湯でジワジワ外側からゆでると破裂はしないけれども、レンジで中心を同時に温めていくと、黄身だけが膨張してしまう…そして破裂してしまうというわけです。くれぐれも、ゆでタマゴや目玉焼きは、レンジで作らないでくださいね。

前へ

バックナンバー

2006年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。